« 庭のリフォーム終了♪ | トップページ | ついに完成!究極の薪小屋 »

2017.02.26

BenQ DLPプロジェクター HT1070レポート(その2)

「その1」では設置編、画像編のレポートをしたので、今回の「その2」ではメンテ編。

どんなプロジェクターでもランプの寿命がある。だんだん暗くなってくるし、設計寿命を超えると、いつ切れてもおかしくない。そうなったらランプを交換する必要があるが、本体のケースを分解しないとダメとか、メーカーに送り返さなければダメだと、使えない期間が出て困る。

HT1070に関しては、本体側面のネジを回して、蓋をマイナスドライバーなどでテコのようにして持ち上げてやれば、ランプにアクセスできるので、その気になればユーザーでも交換可能だ。

Resize0519
比較的簡単に蓋が外れる

Resize0516
ケースと蓋の爪が噛んでいるので、マイナスドライバーなどで、テコのようにして持ち上げてやるのがコツ

Resize0518
ランプは本体と二本のプラスネジで固定されているので、それを外して、コネクターを抜けば交換できる

Resize0517
ランプを取り外すと、ランプのすぐ近くの最初に回転する色のフィルターが観察できる

Resize0520
(参考までに)入出力端子の様子

最近はHDMI接続がほとんどなので、これで問題ないだろう。RCAピンの入力端子も思い切って省略しても良いくらいだと思う。

|

« 庭のリフォーム終了♪ | トップページ | ついに完成!究極の薪小屋 »

コメント

usso_can さんのところから飛んできました。アンバサダーつながりのはんちゃんJPともうします。usso_can さんと「HC3800つながり」というベテランに驚き、そしてランプ着脱のレポートは初めて拝見しました。。ディープ。。  DLPプロジェクター同士の比較、という稀有な話しに思えました。 液晶プロジェクターとの比較はどうなのでしょうか、、 私は液晶との比較は自宅ではできてないのですけれど、BenQモニター機のキリキリとした解像感には十分魅了されました。

投稿: はんちゃんJP | 2017.03.13 18:30

はんちゃんJPさま:

コメントありがとうございます。

HC3800を使う前にはショボい液晶プロジェクターも使っていたことがありますが、世代が前過ぎて、全く比較になりません。こういう電子機器は世代が違ってしまうと性能がけた違いですからねぇ。

BenQのモニターのレポートも拝見しましたけど、コストパフォーマンスの高い魅力的な製品ですよね。プロの目で見ても納得いく品質ということですね。

投稿: かわはら | 2017.03.14 08:34

プロジェクターに関しては素人です。。。DLP方式って知らなかったし。。私のところには世代の違うビジネス用プロジェクターしかなくて、確かに比較ができませんでした。 不満はあまりなく、ただ、変だなと思ったのは青の色域で、音楽のステージでの青い色の照明で青側にクリップ(飽和)してしまった感じになって、そこは、もしかしてREC.709をカバーしているという上位機とは違う、割り切りなの?とか、 それは不満ではなく、軽い違和感くらいでした。

BenQのプロジェクターに良く似た外装の4Kプロジェクターがカシオからも発売されて、
http://www.casio.co.jp/release/2017/0208_xj-l8300hn/
BenQは開発メーカーなのか、OEM供給を受けているのか、供給しているのか、わからないのです。。ww

投稿: はんちゃんJP | 2017.03.14 11:46

はんちゃんJPさま:

青とか赤って飽和しやすいですよね。ライブみたいな原色の照明のステージだと違和感を感じることは、この機種に限らず、他の機器でも、けっこうありますよね。

まあ、かなり特殊な状況の画像ですし、普通の自然な風景の描写では、問題になるケースは少ないので妥協するのが現実的な対応になりそうですねぇ。

OEMの製品は、どちらがどちらにと、けっこう悩ましいですねぇ。

投稿: かわはら | 2017.03.14 14:13

色飽和ですが、再生機器側(ブルーレイレコーダーとか)のセッティングの問題かもしれないです。。(つまり自分のミスもあるのかも)そういえば既存の画面のセッティングのまま、プロジェクターにも接続していました。

このあたり、、トリセツからコピペ
---------
HDMI映像出力フォーマット
HDMI出力端子からの映像信号の色空間変換を
設定します。

自動:通常はこの設定にします。

Y Cb Cr(4:2:2):Y Cb Cr を 4:2:2 の比率で色変換を行います。

Y Cb Cr(4:4:4):Y Cb Cr を 4:4:4 の比率で色変換を行います。

RGB(16-235):出力信号を RGB 16 ~ 235 の範囲で色変換を行います。

RGB(0-255):出力信号を RGB 0 ~ 255 の範囲で色変換を行います。
---------

あー、モニター期間に気づかなかった、、です。

投稿: はんちゃんJP | 2017.03.14 14:37

はんちゃんJPさま:

最近の映像機器、オーディオ機器などは入出力の設定が必要だったりしますよね。昔のアナログにはない部分ですね。きっちり合わせないと本来の能力発揮させられないこともありますよね。

投稿: かわはら | 2017.03.14 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭のリフォーム終了♪ | トップページ | ついに完成!究極の薪小屋 »