« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016.08.29

スロープ作成工事の進捗状況

Resize0747

Resize0748

「スロープを上がって、折り返して玄関に至るルート」と「庭側のデッキ部分の土間コン」のレベル差の境界部分のコンクリートブロックの作成が完了。

| | コメント (0)

2016.08.26

エントランスのスロープ工事の進捗状況

Resize0712

Resize0714

スロープを登って、奥で折り返して、玄関ポーチへアプローチするルートの完成形が見えてきた。砕石を敷き詰めて、風窓の部分はグレーチングで通風させる。


| | コメント (0)

2016.08.24

台風による停電

Resize0663
関東地方を台風が通り過ぎていった

強い風雨の後で突然停電した。我が家の停電は25時間後に復旧したけど、36時間経過後のこの日記を書いている時点でも、まだ山武市内では100軒程度が停電中だ。

Resize0664
完全復旧には48時間程度かかるだろう

何故台風の影響で停電になるかと言えば、割と単純なことだ。ビルの立ち並ぶ都会とは違い、木がたくさん生えている場所だと、強風で木が倒れて電線が切れるからだ。

井戸水をポンプでくみ上げているので、停電すると水も止まってしまう。照明やエアコンが使えないだけでなく、水が使えないというのはかなり大変だ。

今回はそれほどひどい土砂災害、水害にはならなかったので、1-2日で復旧したけど、もっとひどい場合には2-3日は覚悟しておく必要がある。できたら1週間分くらいの最低限の水、食料、電力の備えが望ましい。

Resize0668
よく見ると、地面に切れた送電線が這っている

Resize0667
電線部分のクロースアップ

こういう切れた電線には、うっかり近づいたり、触ったりしないように注意する。感電死のリスクが高い。雨降りの直後で地面が濡れていると、さらにリスクは増大する。

Resize0665
倒れた木が電線にのしかかっている

Resize0666
電線部分のクロースアップ

横になって、引っかかっているだけで止まっている木も、いつ下に落ちてくるか判らない。こういう場所も要注意だ。

Resize0669
市内の至るところでこうなっている

我が家では、こんなふうに対策している。

| | コメント (0)

2016.08.21

玄関ポーチ部分完成

ポストと枕木を固定して玄関前の部分が完成しました。

Resize0658

Resize0657


| | コメント (0)

2016.08.18

エントランスのスロープ工事の進捗状況

スロープの左右のブロック塀が積まれて、いよいよ全体像が見えてきた。

Resize0627


| | コメント (0)

2016.08.10

伊勢志摩サミットで首脳たちに提供された国産ワイン

長野県東御市のヴィラデストワイナリーで生産されたワインが今年の伊勢志摩サミットの晩餐会で各国首脳に出されたということだった。

それを飲む貴重な機会に恵まれた。

Resize0530

Resize0529

フレッシュで若々しい印象だった。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »