« 古民家に薪ストーブの煙突をつけてきた | トップページ | ドブレ アストロライン »

2015.07.18

ベルボンVS-5400Q

料理や小物、花などのマクロ撮影の時に、被写体に思いっきり近寄る場合は、カメラを三脚に固定しないと色々都合が悪い。

三脚を利用したことない人は「手持ち撮影でも十分でしょ?」と思っている人も多いかもしれないけど、三脚にカメラを固定して撮影してみると「手振れしない」「構図が確実に決まる」などのメリットが大きいことを知るだろう。

その際に使用する三脚だけど、どんな品物でも良いわけではない。普通の三脚だと脚を広げてカメラが垂直に上方向にしかセットできないので、集合写真や風景写真ならそれでも問題ないけれども、マクロ撮影でカメラを被写体に思いっきり近づける用途ではセッティングが不自由で使用できない。

そんな用途に最適なのがこの三脚だ。

ベルボンのVS-5400Qはマイクのブームスタンドのように、エレベーターアームの角度を自由に設定して、ハンドルを回すことで、カメラを三脚からオフセットさせて、被写体に容易に近づけることができる。

Resize0613

Resize0611

カーボン製の足で、丈夫で軽くて、しっかりとできている。D300とマクロレンズをつけても安定している。

|

« 古民家に薪ストーブの煙突をつけてきた | トップページ | ドブレ アストロライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古民家に薪ストーブの煙突をつけてきた | トップページ | ドブレ アストロライン »