« 電気自動車(EV) LEAFの航続距離 | トップページ | 行ったことのある国 »

2015.06.22

LEAFの運動性能

振動も少なく、音も静かで、快適なドライブが楽しめる。自動車好きの間では「BMWの直列6気筒がシルキーで気持ち良い」とか、「V6エンジンの静けさ」みたいなことを言われたことも多いけど、EV(電気自動車)のモーターによる駆動はそれらより、はるかに優れた静粛性と滑らかさだ。


高速道路走行中も極めて静かな車内空間

また最大の重量物のバッテリーが車体の下部中央に配置されているので、重心が低くて重量バランスに優れているため、極めて安定したコーナリング性能を持っている。加速もモーターのトルクフルな走りでアクセルを踏めば鋭い加速で、合流や追い越しなど際にも思い通りのところに楽に行くことができる。仮に高速道路の直線などでレクサスに煽られても、コーナーで一気にぶっちぎることができる。ちなみに最高速度は時速160キロだ。

下手なスポーツカーよりも俊敏に気持ち良く走ることができる。そういう走りをすると、当然のことながらエネルギー消費が大きいので航続距離は縮まるので「ここぞ」という時に取っておく羊の皮を被った狼という感じで使うのが良いだろう。

|

« 電気自動車(EV) LEAFの航続距離 | トップページ | 行ったことのある国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電気自動車(EV) LEAFの航続距離 | トップページ | 行ったことのある国 »