« 発酵のチカラ(4)/カルピスを隠し味に使った弁当 | トップページ | きれいなコーヒー »

2015.05.29

発酵のチカラ(5)/一階部分

5月26日に東京 恵比寿のカルピス本社で行われた「発酵のチカラ」ミーティングに参加してきた。

テレビドラマなどで大手企業のエントランスに受付に綺麗なお姉さんが二人いて、訪問した営業マンがアポを取りついでもらうみたいなシーンを見かけることがあるが、まさしくそんな感じだった。さすがにその受付のお姉さんにカメラを向けるのは、なんだかなのでスルーしてしまったが、今思えば撮らせてもらえば良かったかもしれない。

その後に、訪問した営業マンが通される打ち合わせ、商談の場がここだ。

Resize0108
広い部屋にテーブルと椅子が置かれている

そして部屋の周囲の壁面近くには、歴代のカルピスのパッケージ、海外販売されている製品、現行の商品などのパッケージが展示されている。

Resize0109
海外で発売されている商品

Resize0110
現行の商品群

その商談室から再びロビーに出ると、目の前の壁面に大きな絵がある。これはカルピスのイメージイラストで、本社ビルを建築した記念に製作されたものだそうだ。藤城清治氏による『愛の泉』というタイトルの妖精や小人たちのメルヘンチックな絵だ。パッと見るとただの絵だけど、良く見ると切り絵になっている。

Resize0113
エントランスホールの壁画

Resize0111
近づいて髪の部分などを観察すると、紙を切り貼りしているのが判る

|

« 発酵のチカラ(4)/カルピスを隠し味に使った弁当 | トップページ | きれいなコーヒー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発酵のチカラ(4)/カルピスを隠し味に使った弁当 | トップページ | きれいなコーヒー »