« スタッドレスからノーマルタイヤに入れ替え | トップページ | 一番食品『まるっと柚子味噌』 »

2015.03.26

カーオーディオのヘッドユニットの入れ替え

これまで使っていた、中古でゲットした古いヘッドユニットの調子が悪くなってきた。完全に壊れたわけではなく、使っていると音が急にフニャっという感じで小さくなるようになってきた。その時にボリュームを思いっきり上げてやると、またしばらくの間だけ復活するという症状で、かなり気持ち悪い。スピーカーの配線不良の場合は音がブチっと完全に途切れてゼロになってしまうが、そういう症状ではないので、配線不良ではない。念のため配線を確認してみたが、やはり問題なく、配線の接触が悪いわけでもなかった。どうやらアンプ内部のコンデンサーの容量抜けみたいな感じ。

そこで、新しいヘッドユニットを調べてみた。

なんと新品で5-6千円くらいで売っている。CDドライブを省略してコストダウンした格安バージョンのようだ。現実には一々、車内にCD持ち込んでなんてやっていられないし、CDの再生機能をあまり使うこともあまりない。

その代わりUSBの端子がついていて、USBメモリやUSB機器に接続してWAV, MP3などの音楽ファイルをデコードして再生できる機能がある。こちらの方がディスクの交換をすることなく多くの楽曲を収録しておけるので手間もなく使い勝手が良く使う頻度が高いので、現実的には、CDドライブなしの方が良いと思う。

仕事で長距離の移動が多いので、道中にラジオや音楽がマトモに聴ける方がストレスが少ないので、購入して入れ替えることにした。

Resize5470
まずは配線

前のメーカーはJVC、今度はJVCケンウッドだった。実質ケンウッドにJVCが吸収された形らしく、コネクターの形状が違って前のJVCものと違って、そのままコネクターを差し替えるだけで接続はできなかった。車両側の配線をギボシ端子にしておけば、楽に入れ替え作業できるのだが、手元になかった。5000円程度のヘッドユニットに1000円以上かけて配線キットやギボシ端子キットを買うのもなんだし、そう頻繁に入れ替えるものではないので、既存の配線を切断して半田付け作業した。さすがに半田付けなしでは、振動やGがかかる車両の配線では信頼性に欠けるのと思う。そして半田付けの後にビニールテープで絶縁しておいた。

Resize5469
配線が完了したらコンソールパネルに戻す

Resize5472
新旧のヘッドユニット

Resize5471
USB機器を接続して動作確認

音質は初期設定でトーンコントロールで低音が増強されていた。ショボイ低音が出ないスピーカーにターゲットを合わせたチューニングのようだけど、マトモなスピーカーを接続した場合にはニュートラルに戻した方が気持ち良い音になる。なお音質のコントロールは強弱だけでなく、カットオフ周波数や調整帯域幅(Q値)も選択できるので、その気になれば、かなりきめ細やかに調整可能だ。

まあ車の中で聴く分には、それほど音質にこだわっても仕方ないので、停車中にWAVファイルを再生して、気持ち良い音になるように調整した。(走行中は、またバランスが変ってくる)

|

« スタッドレスからノーマルタイヤに入れ替え | トップページ | 一番食品『まるっと柚子味噌』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタッドレスからノーマルタイヤに入れ替え | トップページ | 一番食品『まるっと柚子味噌』 »