« ハイレゾ音源のダウンロード購入 | トップページ | ジャック・バウアーが我が家に来た »

2015.02.25

中島みゆき『縁会』Blu-Ray48KHz/24bit 5.1chで再生できた

先日、購入して、本来の音声スペックで再生できなかった中島みゆき『宴会2012~3』のBlu-rayディスク

使っていたAVアンプDSP-AX1500のデコーダーがハイレゾ再生の最新スペックについていっていなかったためで、AVアンプの買い替えを余儀なくされた。これまでも、ドルビーサラウンド、レーザーディスク、DVD、SACD、ブルーレィなど中島みゆきが最新フォーマットでソフトをリリースする度に、ハードウェアを更新してきたが、今回もそれまでと同様の入れ替えだ。

色々と情報を探して、ようやくヤフオクで二年落ちのフラッグシップモデルのAVアンプRX-A3020をゲットした。

これまで使っていたのが定価10万円クラスのものだったので、それより安いものにすると音質的に満足いかなくなるのは想像がつく。映画や音楽の再生音を聴いていて、そういうことを考え出すと興ざめだから、一ランク上のものから選択した。

現行モデルのミドルクラスのRX-A2040は実売価格が12万円くらいだけど、ネットワーク経由の192KHz/24bit再生に不具合があるという情報があったので、いずれそういうファイルを再生しようと思った時に使えないのでは意味がないのでパスしてRX-A3020を選択した。二年落ちなので、最新の映画の音声フォーマット「ドルビーatmos」に対応してないけれども、まだソフトも出揃ってないので使う機会もあまりないし、電源回路が強い方が全ての領域に効いてくるという判断だ。

そんな経緯でゲットしたRX-A3020と、ブルーレィディスクプレイヤーをHDMI接続して、無事に48KHz/24bitで5.1ch再生できた。臨場感あふれる綺麗な音で満足できた。

Resize5267

ブルーレィディスクだけでなく、SACD 5.1chのソフトもHDMI接続でつないで、アンプ内蔵の自動スピーカーの音質調整(YAPO)を効かせて再生できるようになった。

またハイレゾ音源だけでなく、mp3ファイルとか、CDなども綺麗で疲れない音で再生できるようになった。これまで聴き取れなかったピアノのペダルの音とかも聴こえるようになった。

HDMIやハイレゾ音源のデコード以外に、これまで私が使っていたAVアンプにない機能として、USBに保存したファイルはもちろんのこと、LAN経由でパソコンやNASに保存した音楽ファイルにアクセスして再生もできることが挙げられる。いちいち、CDをその都度、探さなくても簡単に好きな曲を再生できる便利さは大きい。

また、AVアンプそのものもIPアドレスを持つので、パソコンのブラウザーからアクセスして、ソース切り替え、音量、DSPプログラムなども手元でいじれるのも便利だ。リモコンなしでもかなりのことができる。

Resize5271

BGMとしてネットラジオなども再生できるなど、音質面だけでない機能面の拡充が著しい。

|

« ハイレゾ音源のダウンロード購入 | トップページ | ジャック・バウアーが我が家に来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイレゾ音源のダウンロード購入 | トップページ | ジャック・バウアーが我が家に来た »