« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014.10.28

F770EXRにお別れしてXQ1にバトンタッチ

これまでハードに酷使してきたコンデジ。富士フィルムのF770EXR。落としたり、ぶつけたりして傷だらけになっている。

電源を切った時に自動で閉まるはずのレンズカバーが完全に閉まらなくなって、レンズ表面に傷が目立つようになってきた。そのためかなり描写が甘くなって気になってきた。

またメニューダイヤルを回しても反応しなくなることも多くなってきて、シャッターチャンスを逃すことも出てきた。内部の接点の接触不良だろう。

こうなると修理より買い替えた方が合理的だ。日進月歩のデジタル機器なので新しいモデルは性能が上がっている。新しく購入した富士フィルムのXQ1で、頑張って活躍してくれたF770EXRを撮影。

Resize4229
落としたり、ぶつけたりで剥げた塗装

Resize4231
レンズの表面に傷がついてしまった

明日からは、新しいXQ1を持ち歩くことにする。

| | コメント (2)

ゆで落花生

千葉県名産の落花生。近所のスーパーで生のものを売っている。それを買ってきて、自宅でゆで落花生を作って、ビールと一緒にいただく。

Resize4228


| | コメント (0)

2014.10.27

軽井沢の別荘に宿泊

数年前に薪ストーブ設置コンサルした別荘に招待されて宿泊した。

翌朝(今朝)の紅葉の別荘からの雄大な景色が綺麗だった。

Resize4223

Resize4222

Resize4221


| | コメント (0)

2014.10.23

いよいよ薪ストーブの季節

お客さんのところに設置した薪ストーブの取り扱い説明でバンバン焚いているけど、今日は肌寒かったので、自宅の薪ストーブも焚いた。

Resize4193
煙の少ない上から着火方式

Resize4194
炎は少しづつ下へ燃え広がっていく

Resize4195
一番下の太い薪まで燃えてきた

Resize4196
空気を絞ってオーロラ燃焼

Resize4197
天板では煮物料理

| | コメント (0)

2014.10.22

新幹線の運転席ドアの左右の凹みは?

先日、久しぶりに新幹線に乗った。運転席へのドアの左右にある凹みが気になった。

Resize4178
ふと運転席への扉の左右の凹みが目に止った

何だと思って駅のホームで乗務員に聞いてみたら「万一の緊急停止時のホームのないところで地面に降りたり登ったりする時のための手すり」ということだった。


Resize4179
凹みの中のスリットにヒンジがついているので走行中は閉まる?

| | コメント (0)

2014.10.15

無事に火入れ完了!

Resize4094

炉台作成、チムニー作成、ベランダFRP防水工事、チムニー板金工事、そして煙突工事、薪ストーブ設置と長い期間かけて、ようやく火入れの時を迎え、無事に一つの現場が完了しました。

お客様が喜んでくれたのを実感できてうれしかったです。

| | コメント (0)

2014.10.06

雨の東京タワー

軽井沢の別荘で薪ストーブ設置工事を終えて、東京経由で、無事に帰宅した。台風の接近に伴う強い雨の夜だった。

千葉へ向けての、首都高に乗る前に景色が開けて、東京タワーが見えたので窓を開けて写真を撮った。


Resize4041


| | コメント (0)

2014.10.05

軽井沢で薪ストーブ設置工事して無事に火入れ

10411883_707429396005629_3022674072
室内側の煙突を上からつないでいく

Resize4038
ログ材の邪魔な部分を、ノミで削る

Resize4037
無事に火入れ

| | コメント (0)

2014.10.04

軽井沢のログハウスで、薪ストーブ設置&煙突工事

これまでで最も難易度の高い薪ストーブ設置工事。45度の勾配の屋根なので、普通にはいかない。

Resize4029
この急勾配の屋根に煙突工事

Resize4029_2
命綱をつけて、無事に作業をこなした。

1620380_706884426060126_65313578070
違う部材が現場に届いていて、仮の雨仕舞いで未完了

Resize4030
ユニットバスではない、ログの内装のままのお風呂に入った

Resize4031
施主さんの手作りの、ありあわせの材料での料理をつまみに

Resize4028
ホッピーで乾杯して初日の無事を祝う

| | コメント (0)

2014.10.02

この時期に朝顔?

朝顔を言えば夏の定番のお花だ。

秋に入って、そろそろ薪ストーブを焚こうという、紅葉もはじまりつつある今咲いているのが不思議だ。

Resize4008
これから咲く蕾さえ見られる

Resize4009
この朝顔の隣ではシャラの木が紅葉をはじめている

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »