« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014.06.30

宮城のお酒

秋田で薪ストーブの設置工事と、煙突掃除の依頼が入った。二件まとめて訪問できるようにスケジュール調整した。

移動の途中で、宮城県のスーパーに寄って、地元の山和酒造店の日本酒を買って、秋田のホテルに到着してから味わった。

Resize3464


| | コメント (2)

2014.06.28

ビートで耐久レースに出場

だいぶ前のことだけど、仲間たちとビートで耐久レースに出場した。

一人1時間づつ交代で12時間だったかな?完走後のこの写真のみんなの表情から充実感が判ると思う。

10172749_622697214490720_2337870822


| | コメント (0)

2014.06.27

ハイジェット修理完了

エンジンブローして、中古エンジンに乗せ換えたハイジェットだけど、ついでにヘタっていたショックアブソーバーとブッシュも新品交換した。それからタコメーターも取り付けて、回転数を管理できるようにした。

古い車なのでショックアブソーバーが入荷するのに時間がかかった。たぶん受注生産になってしまったのだろう。

修理代はエンジン載せ換えと、ショックアブソーバー、ブッシュ交換で全部合わせて25万円くらい。中古であと10万キロ安心して乗れる車を買うと、もっとかかってしまうことを考えたら、合理的な選択だったと思う。

Resize3455
修理完了して代車のビートと入れ替え

Resize3456
代車も楽しかった

Resize3454
タコメーター追加

Resize3453
回転数を確認できるようになった

千葉市緑区誉田町が所在地のこの日信自動車(ガレージNOB)は、今ではビート仲間で知らない人はいないくらい有名な整備工場だけど、ここの整備工場に初めてビートを持ち込んだのは私だったと思う。

ビートに限らず、他の車も良心的な価格で修理してくれて助かっている。

| | コメント (2)

2014.06.24

アジサイが見頃

我が家の庭のアジサイ。先日は「まだこれから」という感じだった。
http://kawahara.cocolog-nifty.com/diary/2014/06/post-5d3d.html

ようやく見頃を迎えた。

Resize3450


Resize3451

| | コメント (0)

2014.06.22

ただの水では物足りない時に・・・

夏場の暑い時期に、ただの水をガブガブ飲むのが一番美味しいのだけど、それだと、ちょっと物足りない時がある。

タブレット(錠剤)を水に溶かすだけで簡単に、さっぱりした甘みで炭酸が効いた清涼感とを得られて、なおかつ機能性の栄養素を含んだ商品のアクアタブレットを試してみた。

色と味は5種類で、気分や効能ごとに選択できる。

Resize3434

ピンク:グレープフルーツ味(エイジングケア)
イエロー:ゆず味(燃焼サポート)
ブルー:ヨーグルト味(強い体と骨を応援のカルシウム配合)
オレンジ:マンゴー&オレンジ味(マルチビタミン)
紫:ブルーベリー味(目の疲れケア)

Resize3430
今回はパッケージの一番左端のピンクのグレープフルーツ味を試してみた。10円玉くらいの大きさで厚みは10円玉数枚分でけっこう大きかった。

Resize3433
指定された180mlの水に入れると、泡が立ち上がった

Resize3432
やがて凄い勢いの泡になって、ちょっと怖いくらい

Resize3431
2分で完全に溶けて落ち着く

味はだいたい想像通り、ほんのり甘くてさっぱりしていて、口当たりが良く、とても飲みやすい感じ。

アクアクララ モニプラファンサイトファンサイト参加中

アクアクララ株式会社

| | コメント (0)

2014.06.20

とうもろこしは焼いて食べるのが一番

初物のとうもろこし。茹でるより焼く方が好きだ。

Resize3429

Resize3428


| | コメント (0)

猫専用扉を作った

家の猫は家から出たくなったら体重かけて履きだし窓を開いて、開けっ放しで出て行ってた。

開けっ放しにしておくと、夏には蚊などの虫が入ってくるし、冬は寒いので気がついたら窓を閉める。そうすると、帰ってきても外からは体重かけられないので入ってこられずに、苦戦していた。

そこでありあわせの材料で猫が両方向に自由に出入りできて、なおかつ出入りの後に閉まるような扉を作ってみた。最初はビビっていたけど、すぐに慣れて勝手に出入りするようになった。

| | コメント (2)

2014.06.19

今日、ビートで行った現場

薪ストーブの設置コンサルの現場で大工さんと打ち合わせ。

Resize3425

Resize3426


| | コメント (0)

2014.06.18

今年も夏椿(シャラ)の花が咲いた

例年、この花が咲くと「煙突掃除して、今シーズンの薪ストーブは終了!」という目印にしている。

透明感ある柔らかくて白い花びらが大好きだ。

Resize3423
花の部分だけ単独でアップで撮影

Resize3424
周辺の葉っぱと一緒に入れて撮影


| | コメント (0)

2014.06.17

今日、ビートで行った現場では雨どいの取り付け作業

代車のオープンカーのビートでの建築現場シリーズ。

往復の道中は気分爽快で気持ちよい。

Resize3419
今日はここで雨どいの取り付け作業を行う

Resize3418
きちんとした足場がかかっていて作業しやすい

Resize3417
足場の上からビートを撮影

Resize3416
まずは金具を固定

Resize3415
雨どいと枡を取り付け

Resize3414
こんな感じで仕上がり

| | コメント (0)

2014.06.16

父の日

父の日にプレゼントとしてウィスキー&グラスのセットと手紙を子供からもらった。しみじみとうれしく、これまで飲んだ、どんなウィスキーより美味しく感じた。

Resize3411

Resize3412

Resize3413


| | コメント (0)

2014.06.14

ビートに丸ノコ積んで建築現場へ

ハイジェットの修理期間中の代車はビートだ。昔乗っていた車なので懐かしい。助手席に工具を満載して、建築現場に向かった。

Resize3408
助手席に工具を積んで、崩れないようにシートにベルトで固定

Resize3410
天気が良かったのでオープンにして出発進行!

Resize3409
現場は高原の別荘地のようだった

| | コメント (0)

ハイジェットのエンジン載せ換え完了

Resize3407
14万キロ走行してバルブが曲がって、壊れて降ろしたエンジン

Resize3406
奥には、中古の4万キロ走行のエンジンと載せ換えられたハイジェット

あとは、ショックアブソーバーやブッシュなどの足回りのパーツを待つ状況


| | コメント (0)

2014.06.13

庭のガクアジサイは、これから

先日東京に行った時には、あちこちでアジサイが身頃となっていたけど、私の家の庭のガクアジサイはまだまだ、これからだ。見頃は来週くらいだろうか?

Resize3405
まだ、あまり花びらが開いてない

Resize3404
開いた花びらのごく一部が色づきはじめた


| | コメント (0)

炭火で餃子を焼いた

寒い薪ストーブのシーズンは終わったので、この時期に薪を焚くと部屋が暑くなりすぎてしまうことが多い。薪ストーブの炉内で調理をするには、一から薪を焚いて熾き火を作るよりも、いきなり炭を燃やす方が合理的だ。市販の火起こし器具を使ってガスコンロで加熱して炭に火をつけてから、薪ストーブの炉内に入れる。

炉内が温まる前にいきなり扉を閉めてしまうとドラフト(煙突内の上昇気流)が生まれなくて不完全燃焼して一酸化炭素が大量に出てしまうので、炉内に移した後には、しばらく扉を開いて酸素を大量流入させて炭全体に赤くなるまで待つ。念のために部屋の窓も全開にしておいた方が良いだろう。しばらく待って炭全体が赤くなって炉内が十分に温まったら、炭を追加して扉を閉める。(天板がある程度暖かくなるまでは気をつけよう)

Resize3403
ガスコンロで炭に火をつけた後に炉内に移す

Resize3402
十分に鉄板の温度が上がったら、調理開始!

餃子の焼き方の説明書が商品に付属してあるので、その通りに作れば誰でも失敗なく美味しい餃子が焼ける。薪ストーブならではの難しさというのはない。普通にガスコンロやIHで調理するのと同じようにできる。

ピザの場合は熾き火と、炉内の炎だけで加熱するので冷凍のままの食材だと上手く焼けないけど、餃子の場合には基本は蒸し焼きなので、冷凍のままからいきなり調理できるのもポイントだ。食事のタイミングを見計らって事前にいちいち解凍しないでできるメリットも大きいと思う。

Resize3401
蒸し焼きして水が少しだけ残っている段階で油を追加して、水気を飛ばす

Resize3400
絶妙の焼き加減

Resize3399
ビールと一緒にいただきます!

Resize3398
「お肉たっぷり餃子」と「野菜たっぷり餃子」

お肉たっぷり餃子の方は、肉汁たっぷりのモチモチの具材が特徴でボリュームたっぷりだ。仕事で身体を動かして疲れきった時に「ガッツリ肉を食べたい」というような時にお勧めできる。

野菜たっぷり餃子の方は、ヘルシーな食物繊維と野菜を摂取しつつ、美味しい餃子を食べたいというような時にお勧めできる。

上州麦豚のお肉たっぷり生餃子 10個入り | 餃子工房RON

野菜たっぷり生餃子 10個入り | 餃子工房RON

SANIFAN! サニファンファンサイト参加中

| | コメント (0)

2014.06.11

東京から千葉へ

普段は高速道路で突っ走ってしまうところの地上を歩くのも新鮮だった。上から見る景色、下から見る景色で同じ場所でも全然印象が違う。

Resize3391

今日は、このあと、地元の千葉へ帰ります。


| | コメント (0)

新宿のニコンサービスセンターに行った

Resize3382
使っているデジカメとレンズのメンテナンスを依頼した

マクロ撮影をするとD300のイメージセンサーにゴミが写り込んでいるのが気になるようになったので、ローパスクリーニングをお願いした。60分程度の待ち時間で1000円ほどでやってくれる。

待ち時間も、ショールームに展示している色んなカメラやレンズをいじれるようになっているので退屈しない。

Resize3381
待ち時間は1時間ほど

Resize3390
ショールームからの景色

Resize3383_2
ショールーム内の雰囲気


Resize3384
色んな大口径レンズを自分のカメラに付けてシャッターを切れる

Resize3389
窓越しの景色も・・・

Resize3387
望遠レンズでズームしていくと

Resize3388
綺麗に寄っていける

Resize3386
プロ向けの最新モデルD4sも触れる

| | コメント (0)

赤坂見附の九州料理の酒場

夜は赤坂見附の、九州料理の酒場に連れて行ってもらった。赤坂での食事は初めて。

Resize3379

Resize3380


| | コメント (0)

浜松町で寿司ランチ

オフィス街でランチが充実している。寿司屋で600円のいなだ丼。

Resize3378

ランチタイムに、うまくタイミングが合うと、非常にコストパフォーマンスの良い食事にありつける。


| | コメント (0)

1時間に一本の上り電車って?

用事があって電車で東京に出かけるために、自宅の最寄り駅の総武本線の日向駅に行く。

午前8時16分の上り千葉駅行きの電車が行ってしまうと、次の9時07分まで1時間近く待つハメになる。

それだけ通勤時間帯が過ぎた後の乗客が少ないということなのだろう。

Resize3377
「ホームにて」時刻表には通過する特急電車が写り込んでいる。


| | コメント (0)

2014.06.06

ハッピーコールで、ふわふわのホットケーキ

ハッピーコールを使うと、手軽に簡単に色んな料理ができる。ホットケーキもふわふわのものが失敗なくできる。良い感じの蒸し焼きになってくれるのがポイントなのだ。

Resize3367
アンコと一緒にどら焼き風

Resize3366
コーヒーと一緒に

| | コメント (0)

2014.06.05

鳥の羽のような種子

先日撮影した、棘のある葉っぱを持つピンクの花に種子がついた。種子を飛ばす羽は鳥のそれのようだった。


Resize3343

上の写真のオリジナル画像の、白い羽の部分を、切り出して拡大するとこんな感じ。上の写真はブログ用に縮小しているから拡大すると荒くなるだけだが、オリジナルファイルには、これだけの細かい情報まで含まれて描写されていたということも驚きだ。

オリジナル画像そのものや、ある程度の高画質でこの写真全体を見たい人はこちら。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000063198/SortID=17498343/ImageID=1923230/

Dsc_0845_2

これまではただ、放射状の白い糸なのかと思っていたけど、一本一本の糸にまでこのように羽のようになっているところまで観察できていなかった。肉眼では、よく見えないような細かなところまで描写するマクロレンズの威力は凄いと思った。

D300にこのマクロレンズで撮影しているのだけど、こういうシビアな撮影の時には;

・三脚で固定
・LV(ライブビューモードで液晶で拡大表示させてピントをマニュアルで合わせたいところで確認)
・露出や構図が決まったら「露出ディレーモード」オン & 「セルフタイマー」2秒
・風が止って被写体の揺れが止った時に撮影

と、手間と時間がかかるけれども、綺麗に撮れた時には、その苦労が報われる。逆に、それだけの手間と時間をかけないと、こういう絵は撮れないということにもなる。

| | コメント (0)

2014.06.02

エンジン壊れた

今日、出かけようとして車を動かしたら、エンジンからバタバタした異音が発生して、全然パワーが出なくなった。この状態ではマトモに走れないので、いつもお世話になっている車屋さんを呼んで、積載車で持っていってもらった。

Resize3341

遠出している時でなくて、ラッキーだった。

考えてみれば、平成8年(西暦1996年)式のS100Vなので、もう18年前の車だ。走行距離は約15万キロなので年間1万キロペースの平均的な走行状況だ。こうなると、普通は廃車にして、新車に乗り換える人の方が多いと思う。

修理工場に聞いたら、曲がったバルブを交換するだけでも8万円程度かかるそうだ。そしてこの部品を交換したところで、他にもヘッドなどに目に見えないようなダメージがあって、連鎖的にまたすぐ壊れる可能性が高いので、壊れたところだけを対処修理するのは合理的ではない。

リビルトエンジンに載せ換えると25万円ほどかかるそうだ。この費用の場合現在乗っているのと同程度以上の中古車が買えてしまうが、その車がこれかでどういう使われ方をしてきたか不明のため、買い換えた後しばらくは色々な不具合が出尽くすまで地雷を抱えることになるので、仕事で使う車としてはリスクが高い。

この二つの選択肢しかない場合には、多分新車(もしくは新古車で走行距離が1000キロ以下)になったと思う。

しかし、昔のビート乗りの仲間の修理屋さんから「中古エンジンを見つけて載せ変えて10万円以下で修理してくれる」というありがたい話をもらったので、その方向で修理を進めることにした。

それなりの距離を走っているので今回のエンジン載せ換えと、同時に、ショックアブソーバー、ブッシュ新品交換で足回りをリフレッシュすることにした。それであと10年10万キロ持たせて、トータルで30年30万キロまで乗れば寿命を全うさせたと言えるだろう。

世の中では「エコカーエコカー」って言っているけど、エコカーを作るのにどれだけのエネルギーを使っているのかまでをトータルを考えたら、安易に新車に乗り換えるより、古い車を大事に乗った方が本当の意味でのエコだと思うのだが、どうだろう?

ちなみに単純で解りやすい燃料代からの観点では・・・・

ガソリン代(燃費)の差は古いこの車だと14km/Lくらい。同じクラスの新型エコカーだとたぶん18km/Lだろう。

年間1万キロ走行すると過程して

古い車を乗り続けた場合には714L/年
新型車に買い換えた場合には555L/年

燃料単価は160円/Lとした場合には

古い車  \114,000-/年間のガソリン代
新しい車 \88,000-/年間のガソリン代

1年間のガソリン代の差額は\25,000-

10年乗ると過程して、約25万円の違いだ。
(年間2万キロ乗る場合には、10年で50万円の差額)

100万円のエコカーの新車に買い換えても、ガソリン代の差額では元が取れない計算になる。こういう観点からも買い替えより修理の方が合理的だ。

| | コメント (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »