« D70sとD300の描写の違い | トップページ | マクロレンズで料理撮影 »

2014.05.07

マクロレンズを買った

先日、モミジを撮影した時に使ったレンズだと、あの大きさが精一杯だった。最短距離がレンズによって違うので、目一杯近づいてピントが合うギリギリまで寄っても葉っぱが数枚画面に入るところまでしか大きく撮影できない。

もっと大きく写すにはマクロレンズが必要だ。料理の写真などでも寄れなくて迫力のイマイチの写真しか撮れないのが気になっていたので、思い切ってマクロレンズゲットした。


今回購入したNikon AF-S DX Micro 85mm F3.5G ED VR

マクロレンズと言えば、フルサイズセンサーのカメラでも使える60mmのレンズがナノクリスタルコートの高級レンズで評判が良いのだけど・・・

どちらを選択するのか、値段も大差ないので、悩ましいところなのだ。


AF-S Micro 60mm f/2.8G ED フルサイズ対応

これだと大きく写すのに被写体とレンズ先端が数センチまで近づく必要がある。これまでコンデジでやってきた料理の写真を撮る時などと同様に、湯気でレンズが曇ったりするだろうし、虫などの場合は逃げてしまうし、逃げない花や葉っぱでも、自分やレンズの影が気になるケースも出てくる。

ここで実用性を考えて、レンズ先端と被写体の距離を稼げる85mmを選択した。これだと大きく写す時でも被写体からレンズ先端まで10センチ程度は離れられる。DXサイズのセンサーなので実質の焦点距離は1.5倍の約130mmのレンズとしての中望遠レンズとしても使える。普段使っている18-55ズームレンズと焦点距離が被らないところも良いと思った。60mmマクロだと標準ズームレンズの望遠側とあまり変らないけど、85mmだと、望遠効果が欲しい時にも活躍しそうだ。

これまでは、コンデジの広角側で目一杯近づいてのマクロ撮影だったけど、それだと画像がだいぶ歪むし、料理の湯気で曇ったりして「なんだかなぁ・・・」と思って撮影してきたけれど、その不満が解消できそうだ。

そんなわけで、到着後に、早速、先日撮影したモミジを試しに撮ってみた。

Resize3124
葉っぱ一枚だけを全画面に入れて撮影は楽勝

Resize3127
ここまで寄ることができる

Resize3126
お花も普通はこういう感じになるだろうけど・・・・

Resize3125
こんなに寄ることができる

Resize3130
今までだったら、こういう絵しか撮れなかったけど・・・

Resize3131
画面一杯に花だけを溶け込ませることができる

Resize3128

Resize3129

|

« D70sとD300の描写の違い | トップページ | マクロレンズで料理撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D70sとD300の描写の違い | トップページ | マクロレンズで料理撮影 »