« 暗い場所で二本の手が作業に使えるヘッドライト | トップページ | 七輪で焼き鳥 »

2014.05.31

サブウーファーケーブルの交換

これまで寄せ集めのケーブルを使っていた。ビデオデッキに付属の映像用の黄色いピンケーブルと、赤白のピンケーブルを引っ剥がして、つないで作ったハイファイとは程遠いものだった。

Resize3333

接合部分が傷んできてノイズや接触不良が気になってきたので、この機会にマトモなものに交換することにした。

昔は自分でラジオやアンプなどの電気工作をしてきたので、部材があれば自分でも作れるけれども、近所のホームセンターではさすがに売っていない。総額2000円位で3CFVやピンプラグを買って作るのもありだけど、オーディオ用のケーブルでないのもなんだかだし、秋葉原までこれだけのために部材を買いに行ったら交通費も馬鹿にならないので、今回はヤフーオークションでケーブル製作している人に依頼して作ってもらった。良質なものを使用して、送料も込みで4000円程度だった。ケーブルは日本製のマイクロフォン用ケーブルモガミ2354、RCAピンケーブルはNEUTRIK社のNYS373などレコーディングスタジオでも使われているような定番の安心の部材であることがポイントとなった。

2354

Resize3330_2
アンプとサブウーファーの距離に合わせて10メートルで製作

Resize3329_2
安心の日本製のマイクロフォンケーブル(モガミ 2354)

Resize3332_2
RCAピンケーブルはノトリック社製

Resize3331_2
半田付けも完璧で安心

交換した後に、早速、低域バリバリで高音質のFourplayのソースでチェックしてみたが、クリアかつタイトなサウンドで満足できた。


|

« 暗い場所で二本の手が作業に使えるヘッドライト | トップページ | 七輪で焼き鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暗い場所で二本の手が作業に使えるヘッドライト | トップページ | 七輪で焼き鳥 »