« コンプレッサーオイルの交換 | トップページ | 日本科学未来館でASIMOに会った! »

2014.04.17

ビール王国ベルギーに学んで作られた『ホワイトベルグ』

日本の大手ビールメーカーの味は画一的で、似たような傾向で個性があまり感じられないけれども、ビール王国のベルギーでは1000社以上のビールメーカーがあり、とても個性的な地ビールが楽しめる。昨年、ベルギーの薪ストーブメーカーのドブレ社訪問の時に、ベルギーでビールを飲んできたが、その時に強く実感した。

無事にベルギーに到着

そんなベルギーの個性的なビールに学んで作られたという『ホワイトベルグ』という商品が、サッポロから5月13日に発売される。発売前の先行モニターサンプルに当選して、本日届いたので、早速試してみた。

Resize2978

ベルギーの麦芽で作って、柑橘系のフルーティーな、さわやかな味のお酒だった。

日本でのお酒の分類だと、ビールや発泡酒ではなく【リキュール(発泡性)1】という商品になる。私はビールの味を無理やり真似したような発泡酒はあまり好きじゃないけど、このホワイトベルグは、とても美味しく飲めた。新ジャンルのお酒だけど積極的に飲みたいと思えるような味だった。

|

« コンプレッサーオイルの交換 | トップページ | 日本科学未来館でASIMOに会った! »

コメント

川原さま
ご意見を読み、全く同感です。日本のビール醸造家は麦芽を中心としたビールが(美味しさは別にして)、ビールの本質だと信じているようです。ベルギー風ビールは美味しいとは分かってているようです。今回のサッポロ社の発売で堰を切ったように各社からベルギー風ビールが発売されることと思います。
随分保守的なビール会社の世界ですね。

投稿: 小人さん | 2014.04.19 19:27

小人さんさま:

コメントありがとうございます。ご同意いただきまして、ありがとうございます。画一的で無個性な日本人らしさが、ビール業界にも出ているのだと思います。

今後、大手各社が追随してくるか、見物ですよね。そうなったとしても、先行したサッポロの英断は素晴らしいと思います。

投稿: かわはら | 2014.04.20 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンプレッサーオイルの交換 | トップページ | 日本科学未来館でASIMOに会った! »