« 犬小屋の土間コン打ち | トップページ | Flightradar24(フライトレーダー24) »

2014.03.28

屋根の下り棟からの雨漏れ箇所の特定

雨漏りする家の補修に行ってきた。二階の和室の天井に雨の染みが広がってくるということで、その上の屋根が怪しい。

雨降りの翌日に、下り棟の板金と、下地の木を取り外して確認。棟の中央部分が濡れていることを、はっきりと確認できた。

Resize2880

Resize2879

雨降りで風が強く吹くと、下から吹き上げて水が板金の下から上がってくることが推測できる。

とりあえず防水テープで屋根材の隙間をふさいで、さらにテープの隙間はコーキングで埋めて、板金の隙間から風で雨が吹き込んでも、建物内部の雨が浸入しないように対策した。

Resize2879_2

闇雲に作業しても、雨漏りを止めるのは難しいけど、雨降りの直後で、どこから雨が漏れているかを確認してから対策したので、多分、今後は大丈夫だろう。

|

« 犬小屋の土間コン打ち | トップページ | Flightradar24(フライトレーダー24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬小屋の土間コン打ち | トップページ | Flightradar24(フライトレーダー24) »