« MD再生環境構築(今さら?) | トップページ | 水曜日の猫 »

2014.01.22

薪ストーブの炉内で、お餅と魚を焼いた

薪ストーブの炉内の熾き火(炭火)焼き。シンプルな素材が美味しく焼きあがる。

Resize2449
熾き火の炉内に五徳を置いて、金網にお餅とシャケの切り身を乗せた

Resize2452
金網二枚ではさんで、トング二つ使うと簡単にひっくり返せる

Resize2451
いい感じで焼けてきた

Resize2450
シンプルな味の食材の、素材本来の味を楽しめる

|

« MD再生環境構築(今さら?) | トップページ | 水曜日の猫 »

コメント

こんにちは、先日はコメント有難うございました!
炉内料理旨そうですね
(^-^)

余分な油が落ちて、美味しいシャケになるんですね!?


話しは通気口の話しに戻るのですが(^_^;)

なるべく低い位置に取り付けた方が良いとの事でしたが、

あえて高めの位置に取り付けする事によって、取り入れられた外の冷たい外気が、暖かい所に入り、冷たい空気は自ずと下に向かいますから、

空気の流れが出来てそちらの方が効率的な気がするのですが、
これは素人考えでしょうか?

なおかつ、冷たい空気はストーブに入り込む間に暖かくなり、更によいのでは?
と、頭の中で、理屈で考えてしまってますが、実際はどんな物でしょうか?

ふと疑問に思いまして、もし解れば教えて頂きたく思います!すみません(^_^;)

投稿: かわんちゅ | 2014.01.23 11:50

かわんちゅさま:

炉内での焼き魚、焼肉は格別です。薪ストーブを導入したら、ぜひ味わって下さい。

外気導入は最短経路でスムーズに空気を流すのが鉄則です。複雑な経路になると、煙が室内に漏れやすくなります。

投稿: かわはら | 2014.01.23 15:32

了解しました。
なるべく低い位置につけようと思います。

有難うございます(^^)

楽しみです(^-^)

投稿: かわんちゅ | 2014.01.25 14:29

かわんちゅさま:

本当に楽しみですね。応援しています。

投稿: かわはら | 2014.01.25 17:53

こんにちは、いつもお返事有難うございます(^^)

もう一つ気になることが御座います。
新築に導入の場合、一年目からガンガン使って良い物なのでしょうか?

多少、壁や木材が、縮むと思いますが、例えば、1日焚いたら、次の日は焚かないとか、

又は、日をまたいで、日中もずっと連続運転はしない方が良いとか、注意する点はあるのでしょうか?

お願い致しますm(__)m

投稿: かわんちゅ | 2014.01.27 12:33

かわんちゅさま:

薪ストーブを焚こうが焚くまいが、新築の建物の素材が縮むのは変わらないですから、そんなことは気にしない方が良いと思いますよ。

投稿: かわはら | 2014.01.28 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MD再生環境構築(今さら?) | トップページ | 水曜日の猫 »