« 基礎クラック補修跡の簡易的な化粧(モルタル刷毛引き) | トップページ | S100Vの整備 »

2011.08.15

メルセデス・ベンツ(W202/C200)にETC車載機取り付けした

入手してから1ヶ月弱乗ってきたが、特に大きな問題はなさそうな感じ。高速道路で遠出する時に備えてETCの車載機を取り付けた。普通にカーショップに行って取り付け依頼をするのもつまらない。自分でやることにした。

中古車に新品部品取り付けというのも納得いかないので、ヤフーオークションでセットアップ込み5000円で中古の車載機を購入した。問題は電源をどこから取り出すかだ。軽自動車とかだとシガーライターの裏とか、オーディオの配線からけっこう簡単に分岐させることができるけど、ベンツの場合は軽くいじってみたけど、簡単にはいかなそうな感じだった。

そこでダッシュボード内の照明の配線から分岐させることにした。この照明のカバーは手前に引っ張るだけで簡単に外れてくれた。繋がっている配線はアクセサリー電源になっていてキーを抜くと電源が落ちてくれる。茶色/黒・青の二本で、極性が判りにくいので念のためテスターでチェックした。茶色がマイナス、黒・青がプラスだった。

Resize0036

ここから分岐させて電源を取り、スピーカーケーブルとアンテナケーブルもダッシュボード横の隙間からピラーのカバーを外して中へ入れて配線が室内から目立たないように隠蔽処理して綺麗に取り付けできた。

Resize0035

Resize0034

|

« 基礎クラック補修跡の簡易的な化粧(モルタル刷毛引き) | トップページ | S100Vの整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 基礎クラック補修跡の簡易的な化粧(モルタル刷毛引き) | トップページ | S100Vの整備 »