« 地震でひび割れた外壁の補修 | トップページ | ボーイング787をANAの格納庫内で見てきた »

2011.06.29

編み物に初挑戦!

インターネットに常時接続など考えられなかった時代、パソコン外付けのアナログモデムでアクセスポイントにつないでパソコン通信で文字だけでコミュニケーションを取っていた。

やっとISDNが使えるようになって、23時から翌朝8時までに限定してつなぎっぱなしにできるテレホーダイでだいぶ制約から解放されてきたように思った。その頃から少しづつインターネットでウェブページというのが使われだしたように思う。「どんなものだろう?」と画像が出るインターネットの世界を覗いてみたものだ。

そして「ホームページを作ってみよう」ということになり、当時のニフティサーブのパソコン通信のフォーラムでホームページ作りのフォーラムというのができたので、情報収集のために参加してみた。運営の意見を当時のシスオペに伝えたりしているうちに、自分もフォーラムのスタッフとなって、やがてシスオペをやるようになった。

この時の北海道に住んでいる仲間が、帰省のため関東に来るということになって「同窓会をやろう」ということになった。東京辺りで集まるのが無難かと考えていたけど「薪ストーブ店を開業したので見に行きたい」ということともあったので、私の自宅に来てもらうことにした。いわゆる宅オフだ。お互いの近況報告などであっという間だった。その中の一人が最近ハマっているという手作りの作品を持ってきてくれた。綺麗な、ビーズと糸を編んでの作品だ。

Dscf0008w320

Dscf0009w320

作品を見せてもらうだけでなく、編み物のまでさせてもらった。これまで一度も編み物などやったこともないし、あの網物の棒に触れたこともなかったので、なかなか苦戦したけど5玉だけ編むことができた。まさか自分が編み物をするなど思っていなかった。貴重な体験ができた。

Dscf0010w320

|

« 地震でひび割れた外壁の補修 | トップページ | ボーイング787をANAの格納庫内で見てきた »

コメント

今回はお誘いいただいたのに、所用で失礼しました。私も若い人と話すとき、パソコン通信時代の技術的な話をウケ狙いでします。光通信が当たり前となり、WiMAXやXiも出たかと思ったら、今となってはパソコン本体を持ち歩く時代では無くなりつつありますね。スマートフォンやパッドで全てが出来るとは思っていませんが、ことコミュニケーションに関してならば、パソコンは大げさかとも思います。10年一昔と言いますが、こういう面では本当に隔世の感ですね。随分な時が流れました。

編み物であれば、ストーブの炎が無かったのは、非常に残念ですねぇ。やはり、春夏秋は、冬を待つ季節なんでしょうね。

投稿: kaji@nagoya | 2011.06.29 10:27

■kaji@nagoyaさま:

今回はタイミングが合わずに残念でしたけど、いつかまたそのうち年月が経てば、無理なく合える状況になると思います。その時を楽しみにしておきましょう。

実は薪ストーブも焚いていたのですよ。薪ストーブの炉内でピザを焼いて、昼食となりました。
http://cozy-corner.tea-nifty.com/blog/2011/06/post-22db.html

投稿: かわはら | 2011.06.29 15:46

あ、焚いていたんですね。負けました(笑)。皆さん、良い時間を過ごされたようで、何よりです。私はちょうどその頃、娘の授業参観に出席していたのですが、倒れそうな猛暑でしたよ。いやその、最高気温が35度を超えると知りながら、麻のジャケットを着ていった私も悪いのですが。

電気や化石燃料の暖房とは違い、ただ闇雲に温度だけを上昇させるのでは無く、空気をパリッと乾燥させる能力も強いので、このような時期にでも焚けるのでしょうねぇ。

投稿: kaji@nagoya | 2011.06.29 17:29

■kaji@nagoyaさま:

この日は千葉では、それほど極端に暑くなくて、薪ストーブを焚いても耐えられる天候でした。35℃だったらさすがに薪ストーブでピザではなく、別のメニューにしたと思います。


投稿: かわはら | 2011.06.29 21:00

流しそうめんでしょうねぇ(笑)。

投稿: kaji@nagoya | 2011.07.01 22:38

■kaji@nagoyaさま:

本物の竹での流しそうめん・・・良いですねぇ。

そういうオフに参加したこともあります。懐かしいなぁ。

投稿: かわはら | 2011.07.03 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震でひび割れた外壁の補修 | トップページ | ボーイング787をANAの格納庫内で見てきた »