« 地震で剥がれて崩れたコンクリートブロックの補修 | トップページ | 編み物に初挑戦! »

2011.06.23

地震でひび割れた外壁の補修

モルタルリシン吹き付けの外壁が地震でクラックが入ってしまったというもの。放置しておくとビビから雨水がしみこんでしまい、建物にダメージを与えてしまうので、補修するという案件。

Dscf0014w320

Dscf0026w320

ヒビの表面にコーキングを盛っただけではすぐにクラックが入ってしまい補修の意味があまりないので、まずはサンダーでVの字に切り込みを入れて、そこへコーキングを充填する。

この方法だと外壁の色に近いものを使うけど、完全に同じというのは有り得ない。仮に同じものがあったとしても、はっきりと補修の痕跡は見えてしまう。似たような色でコーキングの上に塗装しても、壁面と光具合が違うので、補修跡は完全に消すことは難しい。

目立たないように補修するには壁面の全面塗装の必要があり、かなり大掛かりな塗装工事となる。費用重視か、仕上がり重視かで補修方法を選択する必要がある。

Dscf0031w320

Dscf0032w320

Dscf0035w320

Dscf0001w320

Dscf0003w320

Dscf0002w320

|

« 地震で剥がれて崩れたコンクリートブロックの補修 | トップページ | 編み物に初挑戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震で剥がれて崩れたコンクリートブロックの補修 | トップページ | 編み物に初挑戦! »