« 中学1年の国語の教科書に中島みゆき『誕生』が掲載 | トップページ | 長野の別荘の外壁塗装完了! »

2011.05.09

手作りビールで乾杯

手作りビールを仕込んでから実際に飲めるようになるまでは、だいたい一ヶ月だ。最初はフルーティな味で、時間が経過すると発酵が進んで、だんだん、深くて渋い味になってくる。飲む時期によってだんだん味が変化してくるのも面白いところだ。

Dsc_1043w320

命があることに感謝しつつ、手作りビールを味わった。


|

« 中学1年の国語の教科書に中島みゆき『誕生』が掲載 | トップページ | 長野の別荘の外壁塗装完了! »

コメント

手作りビール、実はかなり興味があります(笑顔)。雑菌に気をつければ、そんなに手間はかからないのでしょうか?出来れば炎を見ながら味わいたいところでしょうが「冬を待つ季節」になってしまったので、残念ですねぇ。

川原さんのことだから、キットやセットものの器具ではなく、ホームセンターで実質剛健な容器とか廉価にそろえているんでしょうね。想像できてしまい、なんだか楽しいです(笑)。

投稿: kaji@nagoya | 2011.05.10 21:23

■kaji@nagoyaさま:

まさにおっしゃる通りです。

雑菌を付着させないのがコツです。作る前にしっかり手や容器を洗って、煮沸やアルコール消毒から入れば失敗はまずないと思います。テレビドラマのERで手術室に入る前のドクターが手を洗っているシーンがありますけど、そんな感じです。

手間はほとんどかかりません。とっても簡単で気軽にできます。(上に書いた洗浄や消毒が面倒なだけです)実際の作業は、タンクや瓶に、砂糖とモルトとお湯とイースト菌などを入れるだけです。入れたらあとは放置するだけで、できちゃいます。

そしてキットのタンクを使っていないところもバレちゃっていますねぇ。ステンレスの寸胴鍋を使って費用をかけずにやっています。

投稿: かわはら | 2011.05.10 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中学1年の国語の教科書に中島みゆき『誕生』が掲載 | トップページ | 長野の別荘の外壁塗装完了! »