« 今夜はスーパー・ムーン | トップページ | 凄い時代 »

2011.03.22

既に実行済みの我が家の防災対策を紹介

ライフライン停止時に水が出なかったり、煮炊きができないで不自由な思いをした人も多いだろう。

雨どいからドラム缶に雨水をためた雨水タンクがあったので、これで停電時にトイレの水を流すことができた。これは大きな投資も要らずに簡単にできて実効が大きい方法なのでお勧めだ。

Dscf0003w320
今回は地震後の停電が24時間程度だったので200Lのタンク一本で済んだけど、一週間くらいの停電を想定すると二本あった方が良いかもしれない

それから時計型薪ストーブでの煮炊きを行っている。薪ストーブというと欧米製の輸入製品で100万円コースというパターンもあるけど、ホームセンターで売っている簡単なブリキやステンレスのものであれば煙突も合わせて1万円程度で実現可能だ。燃料である薪も災害時には廃材を使えば良いし、普段から薪割りしてある程度の燃料を確保して化石燃料に頼らないライフスタイルを構築しておくと良いと思う。

Dscf0002w320
時計型薪ストーブなら強力な火力で大量のお湯も簡単に沸騰させることができる

|

« 今夜はスーパー・ムーン | トップページ | 凄い時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今夜はスーパー・ムーン | トップページ | 凄い時代 »