« 凄い時代 | トップページ | 広いウッドデッキが完成 »

2011.03.28

廃材を再利用してウッドデッキを作った

放置しておくと腐るか、廃棄されてしまう製材済みの角材を千葉県香取郡多古町から回収してきた。これを有効利用する方法として、庭にウッドデッキを作ることにした。ホームセンターでウッドデッキのキットを買ってくると小さな面積でも何万円もかかってしまうが、このように庭一面に大量に施工しても材料代が0円というのは非常にラッキーだ。

Dscf0006w320

Dscf0010w320

Dscf0013w320

玄関のアプローチと同一レベルでフラットなウッドデッキがぐるっと庭まで続いてリビングの掃き出しの窓のところまで回遊できるようになった。

ちなみに、多古のこの廃材は、まだ大量にあるので、欲しい人がいたら早めに連絡下さい。現場までご案内します。ぜひ有効利用して下さい。

Dscf0003w320

|

« 凄い時代 | トップページ | 広いウッドデッキが完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凄い時代 | トップページ | 広いウッドデッキが完成 »