« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.18

相模屋食料のとうふ百珍リリース記念!キャンペーン(2)

相模屋食料株式会社のとうふ百珍リリース記念のキェンペーンで試食用のサンプルが送られてきて、先日はとりあえず調理しないで、素材の味をチェックした。

今回はいよいよ本来のキャンペーン企画の「豆腐百珍」の料理を作成をしてみた。まずは下ごしらえで一晩寝かせる必要がある時間のかかる料理だ。と言っても簡単で、味噌と砂糖を混ぜたものに豆腐を一晩漬けてくだけだ。そのまま食べるのも、しっとりした味わいでイケたけど、薪ストーブユーザーの私はそれを薪ストーブの炉内で焼いてみた。トースターで焼くよりも香ばしいと思う。

Dsc_0715w320

Dsc_0718w320

次のメニューはありあわせの材料で作るので、サイトに掲載されているのと全く同じレシピ通りに作れなかったけど、それは代替でなんとなくそれらしくということでオリジナルとなった。まずは薪ストーブの天板でミックスベジタブルを湯がく。次に薪ストーブの炉内で熱したダッチー分で、豚肉とキャベツをいためる。それらを混ぜて塩と味噌で味付けして、ふっくら油揚げの中に詰める。それを炉内で軽く焼く。

Dsc_0717w320

Dsc_0722w320

美味しいおつまみの完成だ。ちょっとだけ手を加えるだけで、普段の豆腐とは違う味わいが楽しめる。
Dsc_0724w320

| | コメント (0)

2011.02.17

相模屋食料のとうふ百珍リリース記念!キャンペーン(1)

相模屋食料株式会社のとうふ百珍リリース記念のキェンペーンで試食用のサンプルが送られてきた。昔から言い伝えられた豆腐料理の100種類の伝承が「豆腐百珍」だけど、それにこだわらずカジュアルでオシャレで手軽に作れて美味しそうなものがオフィシャルサイトで展開されている。見ると試したくなる。

色々と試すのは、また余裕と時間のある時にということで、とりえあずは、素材そのままの味をチェックした。

Dscf0001w320
「なめらか木綿3個パック」は大豆の濃厚な味が感じられて、食べごたえがあった。

Dscf0007w320
「ねめらか胡麻とうふ」はプリンみたいな食感でほんのり甘い感じだった。でもご飯のおかずとし食べる場合は醤油をかけたくなる。

| | コメント (0)

2011.02.14

桜が咲いていた

近所の里山でひっそりと桜が咲いていた。春が確実に近づいている。

Dscf0004w320


| | コメント (0)

2011.02.12

つくばスタイルのプロモーション動画


プレスブログからの情報で茨城県がつくばスタイルというプロモーション動画を作ったものが公開されている。自然、科学、環境などのそれぞれのテーマでいくつかのバージョンがあるが、総合的に全部盛り込んだものが一番見応えがあった。動画の難しいところは同じような構図でずっと続けると見る人が飽きてしまうことだ。早送りでの処理は夕焼けから夜になるところでは効果的に使われていたが、人物が話をしているところなどでは不自然な動きとなるし、歩いているところなども多様するとうざったくなるように思う。

| | コメント (0)

2011.02.11

豪快に丸太で焚き火

薪ストーブを使っている私は自分で薪を作っている。薪にできなかった半端ものの長さや斧やクサビで割れなかった大き過ぎる丸太は適当に転がしておいて、薪割りに疲れた時、薪割りで出た木屑と一緒に焚き火をしている。こんな豪快に丸太が燃えている贅沢な焚き火ができて、ありがたく思う。

ついつい「この熱を回収してお風呂を沸かしたら」とか「料理の熱源したい」とか思ってしまうけど、毎日薪のエネルギーだけで生活していくのは無理があるので、やっぱり適当に眺めつつ、熾き火を集めてバーベキューあたりが一番いいかもしれない。

Dscf0003w320
豪快な焚き火

Dscf0004w320
熾きが綺麗

| | コメント (0)

2011.02.10

余りの材料で屋根付きのデッキを作った

新たに全く材料を買うことなく、ありあわせの材料でリビングから外につながるデッキを作ることができた。屋根をかけて雨や雪が直接当たらないようにした。

Dscf0004w320

冬の間は薪ストーブの薪を積んでけば、窓を開けてすぐに取ることができる。家の中への搬入動線が理想的になった。

夏には庭でバーベキューをする時に役立つだろう。

Dscf0005w320

| | コメント (2)

2011.02.07

購入者で山分け! ブラウン総額1億円カウントダウンキャンペーン

シェーバーの定番のブラウンでは1億円カウントダウンというキャンペーンをやっている。これは指定の機種を購入すると無条件で1000円キャッシュバック、そして1000人に一人は1万円キャッシュバックというものだ。私もブラウンのシェーバーを使っているのでその品質の良さは知っているけど、そろそろ刃の交換時期だ。いつもその時に思うことだけど、交換用の刃が異様に値段が高い。シェーバーの新品の半額程度かかってしまうのはどうしたものかと思う。下手をすると特売のシェーバー本体が買えてしまうことさえもあるくらいで、いつも「なんだかな」と思いながら、新品を買うハメになる。

| | コメント (0)

セブンネットショッピングの「みんなのクチコミ」がリニューアル!

プレスブログからの情報でセブンネットショッピングのみんなのクチコミがリニューアルしたということなので、とりあえず見に行ってみた。色々とお勧めの情報があるようだけど、ユーザ登録してログインしないと情報そのものが見られずに、ちょっと使い勝手が良くない気がした。とりえあずログインしなくても一通り情報がチェックできて、実際に購入する段階になってからユーザー登録するようにした方が気軽に使えるような気がした。ネットで注文して商品を宅配でなく、コンビニ(セブンイレブン)で受け取れるのは不在がちな現代人にとっては便利で使えるサービスだと思う。

| | コメント (0)

2011.02.02

薪ストーブでピザを焼く時のコツ

薪ストーブの炉内でピザを焼く時は火加減がポイントだ。適度に熾き火があって、炎がゆらゆらと上がっている状況がベストだ。熾き火でピザの底を焼き、炎で表面を焼くという感じだ。熾き火だけで炎が上がってない時には細薪を追加すると良い。こんな感じがベストだ。2-3分で焼きあがるので目を離さないようにしよう。

Dsc_0340w320

焼きあがって取り出す時に、普通のスキレットだと耐熱グローブをしても取っ手が熱くて火傷をしてしまう。必ずグローブをして、なおかつウェスを巻くなどして防御したい。取っ手を取り外すことのできる優れものの南部鉄器のスキレット(ピアット)もお勧めだ。安全に快適にピザを焼くことができる。

Dsc_0342w320

薪ストーブで焼いた美味しいピザは幸せを運んでくれる。

Dsc_0344w320

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »