« 薪ストーブの情報発信基地 | トップページ | 壁に棚をつけた »

2010.12.15

薪ストーブの上にハンターのシーリングファンをつけた

薪ストーブを焚いていると天井付近に熱気がたまって、頭がボーっとしてしまうことさえあった。それを解消するためにシーリングファンを取り付けた。アメリカから個人輸入したハンターHunterというシーリングファンのトップブランドだ。

Dscf0026w320

製品そのものの品質もアメリカン、そしてメードインチャイナで「付属の木ネジが垂木に打つ時に折れる」「カバーの取り付けのネジ穴が合わない」「ブラケットサイズが合わず切断する必要がある」と一筋縄ではいかなかった。さらに本来だったら、回転速度、照明のオンオフができるワイヤレスリモコンも機能するはずだったけど、アメリカの120Vに対して日本の100Vだと微妙に電圧が不足しているようで、安定して動作しない。リモコンが使えたり、使えなかったりで気持ち悪いので、リモコンを取り外して直結して、手動でスイッチ操作することにして回避した。なんだかんだと一日がかりの作業でようやく使えるようになった。

Dscf0017w200

さすがにアメリカンで強力な回転で効果が絶大だ。天井付近に溜まった熱気を下に循環させて室内の温度がムラなく均一になって、暖房効率の向上が感じられる。そして機能だけでなくインテリア性も高まって、これまでの照明器具より薪ストーブに合っている。ちなみにモーター音も静かでほとんど気にならない。

|

« 薪ストーブの情報発信基地 | トップページ | 壁に棚をつけた »

コメント

初めまして、貴殿の日記帳を楽しく拝読させていただいています。
2010・12・15付の日記に、シーリングファンのリモコンを取り外して直結にして手動にされたと書かれていますが、これはどのようにすれば出来るのでしょうか。私の家のシーリングファンは半年前に突然リモコンが使えなくなり、電灯は壁スイッチで点きますが、ファンはリモコン操作でしか回らないので全く使えません。手動でも動かす方法があればお教え下さい。

投稿: 佐々雅敏 | 2012.01.06 11:45

■佐々雅敏さま:

シーリングファンの配線をたどるとリモコンのセンサー部分があるはずです。一度電源を切ってそれを取り外して、モーターの配線を電源と直結すれば解決すると思います。

一度分解して取り外してみれば判ると思いますよ。

投稿: かわはら | 2012.01.06 20:43

川原 様
ハンター社のカスバという商品のリモコンを個人輸入したくて、サイトをさまよってたら、ここに到着しました。何分、個人輸入に知識がなく、どこからどう手を付けて良いか分かりません。アドバイスいただけたらありがたいです。
現在、日本製?のカスバ(100V)を設置しております。壁スイッチは3シンでないと機能せず、リモコン操作でないと調光等ができないそうです。電波法?とかで、通常の会社は、取り扱いがないそうです。リモコンだけで申し訳ないのですが、輸入者の方をご紹介いただけると嬉しいです。

投稿: 多田 穣治 | 2012.05.25 20:37

■多田 穣治さま:

ハンター社の製品を個人輸入するには以下のサイトをチェックしてみてください。リモコンも売っていますよ。
https://www.diyna.com/wj/ace/index.php

投稿: かわはら | 2012.05.25 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薪ストーブの情報発信基地 | トップページ | 壁に棚をつけた »