« 焼いておいしい絹厚揚げ | トップページ | ふんわり焼揚げ »

2010.10.22

ブレーキローター面研磨ならぬ、淵研磨

ブレーキパッド(以下パッドと略する)を交換する時に同時のブレーキローター(以下ローターと略する)の面研磨をしていればこんなことにはならないが、以前のオーナーはパッドだけ交換していたようだ。そのためローターのパッドのあたる部分だけが磨り減っていき、波打ってきて、さらにローターの淵の部分だけが盛り上がって、パッドを抑えている部分にブレーキを踏んだ時に当たってゴーっという音が出るようになってしまった。

Dscf0002w320

もうパッドの残りも少なくなってきたこともあるけど、パッドの寿命を迎える前に不快な振動や音を感じるのは気持ち悪いので、とりあえず淵の部分をグラインダーで削り取った。

Dscf0003w320

Dscf0004w320

これで、パッドの限界まで使うことができそうだ。

|

« 焼いておいしい絹厚揚げ | トップページ | ふんわり焼揚げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼いておいしい絹厚揚げ | トップページ | ふんわり焼揚げ »