« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.25

雨戸の塗装

Dscf0035w320
作業前の状態

Dscf0036w320
表面を磨く

Dscf0037w320
汚れや酸化皮膜を取った状態

Dscf0039w320
コンプレッサーを使って吹き付け塗装

Dscf0040w320
新品のように綺麗な仕上がり

| | コメント (2)

2010.07.19

MT車ゲット!

1500ccツインカム16バルブエンジンGA15に5MTの組み合わせ。久し振りのマニュアルトランスミッションのセダンだ。

低回転からトルクがあって普段の街乗りでの実用性が高く、タイミングチェーンのため耐久性があって安心して乗れる。

Dscf0001w320

Dscf0002w320

| | コメント (0)

下準備の大切さ

綺麗に洗浄が終わったら、すぐに塗装がはじまるわけではない。

ペンキを塗る前にやる重要な作業がある。それは「養生(マスキング)」と言って、塗料がついてはいけない部分(たとえば、ドアとか窓など)をテープやビニールシートなどを貼り付けてふさいでしまうのだ。これによって塗料が垂れたり、跳ねたりした時に余計なところを汚さないで済む。

Dscf0040w320

建物全体の作業だと相当な量なので、かなり時間もかかるが、この作業の手抜きをすると後で掃除の時にもっと手間と労力と時間を取られてしまう。

何事も段取りと準備が大事ということだ。

| | コメント (0)

2010.07.16

屋根と外壁の洗浄

高圧洗浄機を使って、屋根と外壁の汚れを落とす。
Dscf0032w320

屋根には藻が大量に付着している。日当たりの良いところなのに不思議な感じもする。
Dscf0023w320

外壁も塗装前に汚れを綺麗に落とすのが基本だ。
Dscf0030w320

| | コメント (0)

2010.07.15

足場を組む

Dscf0023w320
外壁と屋根の塗装のために足場を組んでいく。これまでバラしたことはあったけど、一から組んでいくのは初めてだ。最初のところを決めるのが重要だ。

| | コメント (2)

2010.07.14

ランチで生ビール

今日は近所の運転で、ランチで蕎麦屋さんに連れて行ってもらった。

生ビールとお蕎麦。暑いので最高!

Dscf0019w320

Dscf0014w320

| | コメント (0)

2010.07.13

草刈機(刈払機)の修理

古いカワサキのTG20という20ccのエンジンの草刈機が動かなくなってしまった。

キャブレターに強制的に燃料を垂らしてスターターを引くとその燃料の分だけはエンジンがかかるので、火花も散っているし、圧縮も問題ない。ピストンも傷ついてないのでエンジン本体は大丈夫だ。

よくあるケースとしては、燃料を抜かずに長期保管したためにキャブレターが腐ったガソリンで詰まってしまうというパターンなので、キャブレターを分解して点検した。キャブレターも綺麗だし、特に清掃の必要もなさそうだった。念のためにとキャブレタークリーナーを噴いてみたり、コンプレッサーでエアーを噴いてみたが、細かい穴は詰まっていなかったので、問題なさそう。

燃料フィルターを外してみても詰まってない。

残るはダイヤフラムだ。この薄い膜で燃料を吸い上げる構造になっているのだ。ちょっとだけ固めだけど、押せばペコペコと動くし見たところは傷も穴もないし、問題なさそうだった。でも原因は他には考えられない。

Dscf0010w320

とりあえず部品を外して農機具屋さんに持って行くと本来はもっと柔らかいものみたい。ガソリンが付着して変質して硬くなってしまっているということだった。思いっきりフニャフニャの状態で正常みたい。エンジンはカワサキ製だけどキャブレターはカワサキ製ではなく、他の2,3社で作っているようで汎用品のダイヤフラムやガスケットで使いまわせるらしい。

Dscf0009w320

パーツはガスケットとダイヤフラムの組み合わせだけど、外したのは固着していて一枚になってしまっているような感じ、無理やり剥がすと二つのパーツであることが判るが、教えてもらわなかったら全然判らなかっただろう。

Dscf0011w320

Dscf0012w320

現物合わせで使えるパーツを探してもらい、組み付けてみるが、エンジンがかからない。点検してもらったらガスケットとダイヤフラムの取り付け順序が違っていた。キャブレター側にガスケット、カバー側にダイヤフラムで正解なのだが、その逆で組んでしまっていた。それを修正したら無事にかかった。(備忘録のためにこれを記す)

さすがに作業中は細かい部品をいじっていたし手も油や汚れでカメラを持てる状況でなかったので、残念ながら撮影できなかった。

無事にエンジンがかかったら、その農機具屋さんでエアーの量、アイドリング回転など調整してもらった。しかし、回転が安定しないと言っている。私なら回ればOKと考えてしまうが、さすがにプロだ。マフラーもちょっとつまり気味というかカーボンがエキマニに付着していると推測して、マフラーを取り外してみた。言われた通り、微妙にカーボンが付着していた。それを取り除いて組み付けたら、今度は回転が安定した。ほんのちょっとの微妙な量で、あまり気にすることないくらいだと思うのだが、それでも影響を受けるなんてびっくりした。排気側は強制的にガスが抜けていくかと思ったけど、そうでもないみたい。意外と繊細なことを知った。

古い混合ガソリンも故障の元なので手元の混合ガソリンを、テストを兼ねて全部使い切った。その日に使う分だけを混合して、燃料は残さずに使い切って、最後にアイドリングで全部ガス欠でエンストするまで回してキャブレターの中まで空にするのが長持ちさせる秘訣だ。

| | コメント (9)

2010.07.08

庭木の手入れ

柏の実家の庭木が、うっそうと茂ってきてしまったので、呼ばれて行って、軽く手入れしてきた。

だいぶすっきりとして明るく風通しが良くなった。

BEFORE

Dscf0001w320
Dscf0002w320

AFTER

Dscf0009w320
Dscf0004w320

| | コメント (0)

2010.07.04

薪関連のお客さんが二組来た

薪を置かせてもらっている土地の地主さんが川崎から突然やってきた。草刈りするからと鎌持参で来たのだ。暑いし、手作業なんてとんでもないので、早々に切り上げてもらって、冷たいお茶をお出しした。後日、曇っていて涼しい時に私が草刈機でやるというように伝えて、帰ってもらった。

以前薪を置く時に一度刈ってからもう2ヶ月くらい経過しただろうか。だいぶ伸びてきて、そろそろ刈り時だとは思っているのだが・・・。

その後、近所の薪ストーブユーザーから「薪集めの原木情報があるから一緒に行かない?」と誘われたけど、この暑さで動く気力が湧かなかったので、「冬にしましょう」と返しておいた。

| | コメント (0)

2010.07.03

東北新幹線で仙台へ行ってきた

生まれて初めて東北新幹線に乗った。これまで山手線に乗った時に車内から走っているのを見るばかりで、乗ったことがなかったので、逆に新幹線から山手線を見るのは新鮮な景色だった。

Dscf0003v320

Dscf0004v320

東北地方へ行くのもこれまでは車ばかり。電車で行くことはなかった。新幹線だと日帰りできてしまうという驚きがあった。やっぱり早い。

Dscf0094v320

仙台では天候に恵まれて移動の時に雨に当たらずラッキーだった。どの地方都市も駅前は似たような景色なことを改めて認識した。

Dscf0006v320

Dscf0007v320

| | コメント (0)

2010.07.02

千葉県山武市埴谷に不審者出没!

Dscf0004v320

身長 170センチ前後
体重 80キロ前後
年齢 30歳代
特徴 小太り、二重アゴ、髪の毛は単発だけど爆発しててオタクっぽい、シルバーの乗用車

帰宅途中の小学3-4年生の女の子二人連れに「写真撮らせて」と声をかけて、そのうちの一人を無理やりつかんで写真を撮り逃走。警察に届出済みだけど、十分に気をつけて下さい。

| | コメント (0)

液晶リヤプロテレビの修理断念

KDF-60HD800に緑色の変色部分が生じること、筋が出るという症状だと心臓部の光学ブロック交換で修理代が6万円オーバーとなってしまうことが判明したために、修理しないでだましながら使うことにした。

この値段だと同じインチ数のテレビは無理にしても、新品のテレビが買えてしまうので、修理するのは合理的ではないと判断した。

Dscf0002v320
とりあえずランプを取り外して、光学ブロックを見てみるが外観からは異常が判らない。ついでにファンや空気取り入れ口を軽く掃除しておいた。

| | コメント (8)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »