« 二度塗りで艶やかな仕上がり | トップページ | 井戸のポンプの点検 »

2010.06.19

獲れたての牡蠣をいただいた

仕事の現場で一緒になった職人さんが、兼業で漁師をやっている。その人が命がけで獲った牡蠣を食べに行く機会に誘ってもらった。漁の際にテトラポットに身体が絡まって動けなくなり溺死する人もいるらしい。
Dscf0038w320

養殖ではない天然モノで新鮮な牡蠣を、まずは生でいただく。醤油も酒もレモンも必要ない。何も調味料を足さずに、海の香りと海水の塩分だけで十分。こんなに美味しい牡蠣は食べたことがない。この色合いと艶から味が想像つくだろうか?「こんな美味しいのは滅多に食べられない」と感想を言ったら「俺のところにこなければ一生食べられないよ」と返された。
Dscf0036w320

生でいただいた後には贅沢に「焼き」でいただく。これも調味料不要だ。
Dscf0045w320

さらに贅沢な「ガーリック焼き」だ。
Dscf0044w320

そして定番のカキフライだ。貝から取り出しても心臓が動いていて、生で食べられる新鮮なものをこうして食べるのは恐れ入る。これはソースやポン酢でいただいた。
Dscf0047w320
Dscf0048w320
Dscf0046w320
Dscf0052w320
Dscf0053w320

|

« 二度塗りで艶やかな仕上がり | トップページ | 井戸のポンプの点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二度塗りで艶やかな仕上がり | トップページ | 井戸のポンプの点検 »