« 獲れたての牡蠣をいただいた | トップページ | 井戸のポンプの修理 »

2010.06.25

井戸のポンプの点検

我が家の井戸のポンプはイワヤのJPS-405Fという深井戸型だ。

設置して10年以上経過して、水を止めてもモーターが止まらなくなってしまった。

圧力タンク内の空気圧に問題があるせいかと考えて圧力計をつないで指定の0.2Mpaに調整して、電源を入れてポンプを回転させて0.4MPaくらいに上がり、止まると0.2MPaに戻るのを確認した。

その隣の圧力スイッチノPS-120Dがおかしくなったのかもしれないが、これは外観からは故障しているかどうかまでは判らない。でも電源を切って、蛇口を開放して圧力を抜いた後に、圧力タンクに空気を入れると「カチっ」という作動音がするので壊れてはいないような感じもする。
Dscf0006v320
取り外してカバーを外したところ

その他に目視で自力で確認できるところとしては井戸の中の給水部分の弁の動きが悪くなったり、汚れや異物が引っかかったりしてしまうことだけど、これは配管を外して、気合を入れて引っ張り出す必要がある。とりあえず自分でできるところまでやってみようとした。

Dscf0001w320
VP管の引き出したら4本で16メートルだった

Dscf0002w320
先端のジェット部分の確認をするが、特に問題なさそう

Dscf0003w320
配管をつなぎなおす

Dscf0004w320
呼び水を入れて配管の中を水で満たす

結局、改善しないで元のままだった。自分ではこれ以上はできないので、井戸屋さんを呼ぶことにした。

|

« 獲れたての牡蠣をいただいた | トップページ | 井戸のポンプの修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 獲れたての牡蠣をいただいた | トップページ | 井戸のポンプの修理 »