« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.31

保険代理店廃業のご報告

ご契約者 各位
平成21年5月末日

あいおい損害保険代理店
川原 和博

平成7年1月より14年余に渡り保険代理店業を営んでまいりましたが、諸般の事情により平成21年5月末にて終了させていただく事になりました。突然のご連絡となりまして、ご契約者の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたします。本来であればご契約者の皆さま全てを個別に訪問してご挨拶申し上げるところですが、このような書面にてご案内申し上げる次第となりましたことをご容赦ください。

長年にわたりご利用いただいているご契約者の皆さまのおかげで家族とともに暮らし、楽しく保険代理店の仕事を続けて参りましたが、昨今の保険業界の編成などにより個人代理店での営業が厳しい状況となってまいりました。具体的には手数料率が引き下げられて収入が半減となって保険の仕事で生活していくのが難しい状況となってきました。

そのため副業として始めたパソコン関連の業務により、お車の入れ替えや事故の際に迅速に対応できずにご迷惑をかけてしまうこともありました。

ご契約を担当させていただく責務に、私の個人的な事情は言い訳にしかなりませんが、現在の状況を考慮して保険代理店業を廃業する事を決断させていただきました。廃業と同時に現在の保険契約の全ての担当を、同じあいおい損保の信頼できる他の代理店に継承させていただくことが、契約者の皆さまに最善の方法と考えました。

ご担当を継承させていただくのは、八千代市在住の川浦という代理店です。川浦と私は千代田火災時代の同期入社で、研修期間ではお互い励ましあい、同じ千葉県という事で情報交換をしながら、今まで営業に励んでまいりました。私が今回の決断をするにあたって、保険業務を川浦へ継承する事は絶対的な条件でした。川浦は私がいつでも思っていた「お客様第一」という気持ちを理解している一番身近な代理店です。ご担当が替わることで皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、保険契約の性質上、契約の保全や事故対応までもが商品だと考慮した場合、それが今の私の状況に対する最善の対応として、ご契約担当の継承を決断いたしました。ご契約につきましては、同じくあいおい損害保険のまま担当代理店だけが変更となりますので、特段の手続きは全くありません。今後契約の受付・異動等の保全や事故発生時の対応まで全てを川浦が担当させていただきます。

保険業務は5月末まで続けていますので、今までどおりの連絡方法にて私が承りますが、6月1日以降の保険内容等の問い合わせにつきましては、ご対応することが不可能と成りますので、別途、ご案内する代理店の川浦までご照会くださいますようお願い申し上げます。

長らくご愛顧いただいたお客様の皆さまには、至らない点がたくさんあった私にご用命いただいたことへの感謝の気持ちでいっぱいです。苦渋の決断となり、悲しみをぬぐいきれませんが、私が今まで持ち続けていた保険を担当させていただく際の「覚悟」を曲げるわけにはいけません。ご契約者様の皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を頂いた上で、ご協力を賜り、ご契約の担当を代理店の川浦に継承させていただく事をご案内申し上げます。

| | コメント (8)

2009.05.30

中国の交差点の様子


中国の朝の通勤時間帯の交差点の様子。

自転車、バイク、自動車が入り乱れている。 信号無視も当たり前。車もバイクもクラクションを鳴らして周囲を 蹴散らして進む。先に突っ込んだ方が勝ちという世界。

初めて中国でタクシーから降りて街中の横断歩道を歩いた時に目の前の歩行者用の信号が青なので、何の疑いもなく渡ろうとしたら、信号無視で突っ込んできた車に轢かれそうになったのが忘れられない。

| | コメント (4)

2009.05.28

あなたのモニター正しい色ですか?

よくデジカメの色合いがどうのとかいう話がネットでなされているが、果たしてそういう議論をしている人のうちどのくらいの人が自分のパソコンのモニターのキャリブレーション(色の調整)をしているのか疑問に思う。

色合いの表示以前の問題で、明るさについても同様に調整の必要がある。以下のスケールの全ての諧調が判別可能ならば、明るさについては正常な表示をクリアしているモニターだが、区別がつかないならば、明るさやコントラストの調整の必要があるということだ。
Gradient_2


キャリブレーションを取っていないモニターで写真を見ても正しい色や明るさで表示されていないので評価のしようがないのだ。調整を取らずに自分のパソコンのモニターで表示される色合いで判断していたとしたらおめでたい話だ。そういう人は、一度自分のお気に入りの写真をブログでもどこにでもアップロードして、それを友人宅のパソコンや、お店のパソコンのモニターで見てみると良いと思う。複数のモニターが並んでいる環境だとなお良いと思う。

モニターの色合い調整や明るさ調整を手動でやっても正しい設定にはならない。専用の機材を使うことによってのみ可能だ。モニターの色や明るさを測定するセンサーを取り付けて、実際に赤、青、緑、白、黒の色を段階表示させたものを測定したうえで修正してくれる。わずか数分で正しい色と明るさで表示できるようになり、キャリブレーション前後の効果を切り替えて確認することもできる。効果は絶大でお勧めだ。Resize0059
Resize0058

| | コメント (0)

2009.05.27

北朝鮮の意図は?

Resize0051
北朝鮮が核実験に成功したというニュースを中国の国内線の中の新聞で知った。時期を同じくして短距離ミサイルも数発を発射しているようだ。

Resize0052
前回、中国へ行っていた時にはテポドン発射のニュースを、同じように機内の新聞で知った。

この順番で実験を行っていることから、核弾頭を搭載したミサイルを持っているということで他国に脅威を与えて譲歩を引き出そうという意図が感じられる。

今後、各国がどのような対応を取っていくのか注目していく必要がありそうだ。

| | コメント (2)

2009.05.25

屋台だけでなくお店も・・・

Resize0028
Resize0029
Resize0030
観光客が行くようなお店は値段が高いが、地元の人が食べに来るお店は、値段もそれほど高くなくて、なおかつ、美味しい。ちなみにこれは昨晩の夕食だ。ちょっと店内が薄暗くて小汚い感じは否めないが、それさえ気にしなければコストパフォーマンスは抜群だ。

その他の今回の中国での写真はこちらに掲載して順次更新している。

薄明かりの蛍光灯だけの店内でもこれだけの絵がストロボなしで撮れてしまうフジのF200EXRはすごいと思う。

| | コメント (2)

2009.05.12

中国の屋台での食事

Dsc_3294w560
Dscf00071w560
Dscf00013w560
地域にもよるが夜になると街角の路上で屋台が立ち並ぶ。自分で好きなものを選んで焼いたり作ったりしてもらえるので、レストランでメニューを見てもなんだか判らなくてとんでもないものや量が出てきたりというようなこともなく、安心して頼める。値段も地元の人が食べる価格なので日本円で数百円分で十分だ。たいていの場合は100円か200円分で満足できる。

| | コメント (2)

2009.05.11

外観がほぼ判る

Dscf0582w560
Dscf0572w560
建物の外観が最終段階の状態で見えてきた。

| | コメント (0)

2009.05.10

ドアの製作

Dscf0568w560
Dscf0575w560
両開きのドアを製作して、小屋への取り付けが完了した。

最近はD70sの出番が少ない。今回もF200EXRでの撮影だ。背景が明るくて、目的の被写体が暗くつぶれがちな明暗差の大きい構図でも、EXRオートでストロボ発光させなくても自然な感じで描写できるのはさすがだ。

| | コメント (0)

2009.05.09

本格カレーのテイクアウト

Dscf0554w560
千葉市内でインド人がやっているあるカレー屋さんではランチタイムに店の前の通りでチラシを配っている。そのチラシを持参するとドリンク一杯無料サービスだ。店内で食べるときだけでなくテイクアウトメニューを注文してもサービスを受けることができる。本物のフレッシュマンゴジュースを、テイクアウトを準備している間にカウンターに座っていただいた。

テイクアウトメニューは、カレー、サラダ、漬物、ご飯、ナンとボリュームたっぷり。これに店内でのサービスのドリンクのセットで600円というのはかなりのお買い得メニューだと言えよう。

店内は12時から13時の間は付近のビジネスマンでぎっしりなので、13時から15時までの来店がお勧めだ。

F200EXRを持っていると、こういう昼食の記録も気軽に撮影できる。


| | コメント (0)

2009.05.06

『マッサージソファ』についての紹介

カラーバリエーションが豊富でコンパクトサイズのマッサージソファがパナソニックから発売された。これまでのマッサージソファと言えば、ごっつかったり、大きかったり、色も選択の幅がそれほどなくて、オシャレな空間にはあまり似合う代物ではなかった。しかし、この商品はこれまでの商品のイメージをくつがえすようなデザインと色だ。着せ替えカバーで豊富な色にチェンジできるのも驚きだ。いくらデザインが良くても、こういうのは機能が良くなくては意味がない。実際にどれほど気持ち良いマッサージができるのかは体験してみるのが一番だ。首都圏や大阪などに体験スポットがあるので、気になる人はサイトで情報をチェックしてみよう。

| | コメント (0)

WILLCOM(ウィルコム)の紹介キャンペーン

WILLCOM(ウィルコム)では紹介キャンペーンというのをやっている。既存のユーザーの紹介で、新しいユーザーが申し込みすると、紹介者と、申込者のそれぞれに1000円のQuoカードをプレゼントするという内容だ。私は仕事でWILLCOMを使っている。ユーザー同士の通話料がいくら話しても基本料金の2900円だけというのが魅力なのだ。もし、これから使ってみたい人がいたらコメント下さい。

ところで「もし誰かから4万円プレゼントされたら何に使いたいか?」という課題をこの記事を書くにあたって指定された。多分4万円というのはウィルコムの最新端末の値段、3000円というのはウィルコムの基本料金一か月分ということなのだろうと推測する。その時の気分や状況によって違うけど、今だったら4万円では手に届かないのでもう4万円足してデジタル一眼レフが欲しい。今使っているD70sもかなりくたびれてきているので、最新モデルのD90かD5000が欲しいと思う。そして3000円だったら、これは豪勢に食事をしてパーっと使ってしまうことになるだろう。3000円で買える欲しいものというはちょっと思い浮かばないなぁ。

| | コメント (0)

2009.05.04

四国出身100円うどんの店

Dscf0530w560

千葉県市原市の茂原街道沿いに大きく「四国出身100円うどん」と看板が出ている店があった。店の周辺にも上手に誘導の看板が設置されていて、車で走っていると自然と目に入って店に近づくにつれて心の準備ができるような感になっている。

最近、深夜に帰宅してから夜食を摂ってから寝るという日が続いているので、太り気味なのと胃がもたれてしまいがちなので、消化に良さそうなうどんにすることにした。

「本当に100円でうどんが食べられるのか?」と半信半疑で店に入る。注文も取りに来ないし、どうしたものかと思っていたらカウンターで注文するようになっているらしい。お盆を取って、まずはうどんを何玉にするのかを選択する。この一玉が100円ということだった。一玉では全然足りなそうな感じだったので「普通は何玉くらい?」と訊いたら二玉が標準らしい。そして自分好みのトッピングをセルフサービスで入れていき、最終的にレジで注文後に汁をかけてくれるというシステムだった。
Dscf0524w560

昼食だか夕食だか判らない中途半端な17時前の時間帯だったので定番の掻き揚げのトッピングがなくなってしまっていたので、ピリ辛昆布の掻き揚げと、チクワの揚げ物、ネギのトッピングで500円代となった。
Dscf0525w560

暗い店内でもこれだけの絵がストロボなしで撮れてしまうフジのF200EXRはすごいと思う。


| | コメント (0)

2009.05.03

ゴールデンウィークのイベント

千葉市中央区の中央公園でライブをやっていた。
Dscf0516w560
Dscf0522v560


富士のコンパクトデジカメF200EXRで撮影してみた。明暗差の大きな難しい被写体だが、白飛びしないで、ステージの空気感までよく描写している。難しい設定や操作をすることなくフルオートでここまで撮れるのは、すごいことだと思う。


| | コメント (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »