« 薪ストーブの理想的な燃焼状態の動画 | トップページ | 初雪 »

2008.01.03

薪ストーブで室内は真冬でも25℃

薪ストーブが稼動している室内の様子を30秒の動画で紹介しました。

|

« 薪ストーブの理想的な燃焼状態の動画 | トップページ | 初雪 »

コメント

始めまして、ブログ拝見させていただきました。現在三重に在住ですが、今年には、我孫子or取手の方に戻る予定です。赴任してから1年以内に新居を建てようかと思っています。その際には是非薪ストーブデビューを果たしたいなと思い、いろいろなサイトを見ていました。かわはらさんのブログを拝見したところ、千葉県内のいろいろな箇所にて薪をとのこと。また、そちらに戻りましたらいろいろな情報を教えてください。
では。

投稿: 宮原 潤 | 2008.01.15 11:11

宮原 潤さま:

はじめまして。コメントありがとうございます。

実は私、幼稚園から高校くらいまで取手に住んでいて、そのあとは柏へ引っ越したので、我孫子も柏も身近に感じています。

新築時から薪ストーブを導入できるとなると理想的なものができそうで、うらやましいです。煙突を屋根からストレートで出すとか、薪の搬入動線、薪小屋(棚)などの意外と忘れがちなことをきっちり設計に盛り込むと良いと思います。

薪集めは自分の身近な場所でできれば一番いいですが、私の家の周辺の情報であればお知らせすることもできると思います。

投稿: かわはら | 2008.01.15 12:01

こんばんわ。宮原です。取手に住んでいたんですか?私は取手のキヤノンに帰る予定ですので、また、薪ストーブについて色々教えてください。
では。

投稿: 宮原 潤 | 2008.01.16 21:25

宮原さま:

私が子供の頃に住んでいたのはキャノンの工場とは駅をはさんで反対側の地域でしたが、たまにそちらの方に出かけることもありました。中を見てみたいといつも思っていました。

薪ストーブは薪集めがポイントとなりますが、取手でも探せばあるでしょうね。

投稿: かわはら | 2008.01.17 08:58

はじめまして。
今日、ひょんな事からかわはら様のブログに辿り着きました。
実は友人の薪ストーブのガラスを割ってしまい…
息子の友達が薪が飛び出しているのに蓋を無理くり…
かわはら様が使用しているものと同じ型番のものです。

それにしても、薪ストーブ羨ましい限りですし、薪集め、薪の管理も大変なんですね。勉強になります。
それともうひとつ、薪ストーブ自体の値段の違いに大変驚きました。
こちらでは43,800円でした。

投稿: trytry | 2008.02.06 12:01

■trytryさん:

大きくて長い薪をくべるとついついやってしまいがちですよね。ガラス屋さんで耐熱ガラスを注文すれば低価格で交換可能です。修理できたのでしょうか?どうなっているのか気になります。
http://blogs.yahoo.co.jp/byd02445/9813873.html

値段はお店でどれだけ利益を乗せているかで違ってきているのでしょうね。

投稿: かわはら | 2008.02.06 13:10

 ご心配をおかけしました。
 今日、ようやくネットで探したガラス屋さんに注文しました。ありがとうございました。
 届くのは16日前後らしいです。
 ちなみに同じ型番と思いましたが、どうやら違うものでして、薪をくべる蓋の方にはガラスはなく、空気を調節するダイヤル?ももっと大きいものでした。
 正面はおなじ空気調節のものがついていましたが、ガラスは一回り小さい物です。
 
 あぁ、私も薪ストーブが欲しくなりました。
 というか、以前から欲しかったのですが…
 これからも将来のために時々訪問させて頂きます。

投稿: trytry | 2008.02.06 23:35

■trytryさん:

中国製品はコピーが多いですから、あちこち色んなところからの寄せ集めでデザインされたのでしょうね。そのタイプの薪ストーブもネット上でよく見かけます。

薪ストーブを導入するにはそれなりのハードルもありますが、その気にさえなれば決して不可能なものではないと思います。ぜひ、いつの日か叶えて下さい。

投稿: かわはら | 2008.02.06 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薪ストーブの理想的な燃焼状態の動画 | トップページ | 初雪 »