« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

予想外


インパクトのあるソフトバンク携帯のホワイト家のテレビCMシリーズは誰でも一度は見たことがあるだろう。お父さんが犬、お兄さんが外人、母娘だけが日本人というありえない家族構成だが、見ているとそれなりに納得できてしまう展開になっている。パッと見た感じでは犬はペットだと思ってしまうが、たくみにつけられた台詞や動きからお父さんだということが判るようになっている。なんでお父さんが犬なのか、お兄さんが外人なのかというのは「魔法がかかってしまった」というのが安易でわかりやすいものだ。実際にCMでその種明かしがされるのだろうか?

ソフトバンクの携帯を購入するにあたってオンラインショップも利用できるらしい。店頭に行かなくてもウェブ上だけで完結するわけで、すでに別の携帯を持っていて慣れている人で時間がない人には良いサービスだと思う。

| | コメント (0)

久しぶりの電車

普段どこへ行くのにも車を使っているが、ここのところ一週間くらい都内での仕事が入ったので電車で移動した。毎日通勤で乗っている人は飽き飽きだろうが、新鮮だった。

■車内での人間観察も面白かった
■同じ目的地へ行くのにも選択する電車により到着時間が大きく異なる
■駅での連結作業を初めて見た。駅員さんに訊いたら該当のホームで一日3回あるそうだ
■千葉駅を出る時は一本の列車なのに、佐倉駅で切り離し作業して目的地が違うのもあって驚いた


| | コメント (0)

2007.08.27

メッセナゴヤ


名古屋商工会議所主催でメッセナゴヤ2007というイベントが、今から約一ヵ月後の9月27日から30日に開催されるそうだ。テーマや安心、安全、快適ということだが、家族連れでも楽しめるような内容らしい。

普段の生活の中では安心、安全、快適ということを特別に意識することなく、さまざまなサービスや商品を利用している。商品設計や企画の段階で、このようなことも当然のように盛り込まれているからだろう。逆に言えば、使っていてこのようなことを意識せざるを得ないような商品は何かしらの問題があるのだと思う。最近のニュースで、30年以上使っている扇風機の発火事故で焼死者が出たというものがあった。コンデンサーの劣化でそこから発火したようだが、壊れずに長い期間使えることは好ましいが、壊れる場合に安全方向に壊れるように設計する必要があると思う。もし買ってから10年後に動かなくなってしまえば、単純に廃棄されて、このような問題にはならなかっただろう。

| | コメント (0)

2007.08.22

マネーゲーム


S-1チャンピオンシップ」という名前の株取引の「オンライン学習ゲーム」が新光証券でリリースされた。せっかくだから自分もエントリーしてみる。これは1000万円の元金があると過程して3ヵ月でどれだけ増やせるかを競うものだ。上位の人には商品が出るみたい。

証券取引というと不労所得でギャンブル性があって好まないという人もいる。2倍に増やすというリターンを求めると、場合によっては二分の一になるというリスクもあるわけだ。実際に自分の手持ちのなくなってもいいという余裕資金でやる場合にはいいだろうけど、全額投入するのはやはり問題がある。とりあえずバーチャルマネーなので、増えても失っても問題はない。自由に使えるお金が1000万円あったと仮定してやってみよう。

まずはメールアドレスの認証をおこない、そのあとで個人情報の入力をするだけで、すぐに取引画面に入ることができる。手軽にできるし「練習」としては最適だと思う。これで自信をつけて実際にこの証券会社で取引する人が出てくることを期待してのサービスなのだと思うが、上手く考えたな。

| | コメント (0)

2007.08.21

ドラドラボール



buzzmapという会社が提供しているドラドラボールというゲームみたいな面白い企画がある。「ドラゴンボール」というマンガ、ゲームの名称と似ていて、まぎらわしい印象もあるが、簡単に説明すると上記のレーダーみたいなものから実際の地図上のスポットを探してその場所にフラグを立てて、地名や名称を当てるというものだ。指定された全てのスポットを誰よりも早く見つけることができたら賞金1万円という実利もあるようだ。毎週月曜日に開催されているようなので挑戦してみるのはどうだろうか?

これは一種のゲームだが、実際のこのサイトの趣旨、目的としては他人が作った地域情報やスポット情報を共有して楽しめるというサービスらしい。so-netがやっているみたいだけど、地図情報としてはgoogleマップを利用している。実際にgoogleマップのインターフェースは他の地図サービスと比べてかなり優れているから使いやすいのだと思う。どこか面白い場所へ行ってみたいと考えている人にはいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.18

千葉県で震度5弱

数日前にそれなりに強い揺れを感じた。今朝もそれほどではなかったけど「また揺れた」という感じで目が覚めたが、それほど大したことないだろうと思っていた。

Dsc_4563w600_2
朝起きてパソコンをつけたらYahoo!Japanのトップページで「千葉県一宮町で震度5弱」とあった。テレビをつけても災害ニュースはやっていない。ニュースの時間でもトップニュースにもなっていなかった。同じ震度5でも弱と強では全然被害の出方も違ってくるみたいだが、判りにくい設定だと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.08.16

室内でも35℃

Dsc_4495v600
午後4時現在の私の部屋の温度計の針の位置を撮影してみた。室内でこの温度だから、直射日光の照りつける外に出たら間違えなく体温を超えていそう。

冬でも雪が降らないなど気温が高くなってきているのを感じるが、夏のこの暑さも地球温暖化の影響なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県で震度4

夜中というか朝方に強い揺れを感じて目が覚めた。とりあえずテレビをつけて震源や揺れをチェック。震度4で私の住んでいる近くが震源のようだった。普段放送していない時間帯でもすぐに当り障りのない画像、音楽を電波に乗せて地震情報を送るのはさすがだと思った。遠くで起きた地震でこれだけの揺れだと大災害だと思ったが、問題なさそうなので、またそのまま寝た。横になってもそれなりに余震があったのであまり眠れなかったけど。

翌朝、ウェブのニュースで詳細な情報が出ていた。
http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20070816it02.htm?ref=rss

朝方の大きいのが本揺れで後は余震で収束するといいのだが、万一に備えて風呂の湯船に水を張って、空のペットボトルや水筒にも水をためておいた。

前日に都内で地震雲を観測した人もいたようだ。
http://takozchan.exblog.jp/6290211/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.15

富士山を背景に

Dsc_4489v600
早朝の富士スピードウェイでの走行会の後に富士山を背景にして記念撮影。自分が走っているところは残念ながらカメラにはおさめられないので、これで我慢。

行きは深夜の高速道路を利用したので渋滞にはまらずに午前1時半出発、4時半着と3時間で非常にスムーズに到着した。帰りは午前中だったのでお盆の帰省ラッシュにはハマらなかったが、首都高速の東京料金所の直後で事故があり一車線ふさいでくれていたので、それを先頭にして東名高速まで渋滞が続いて30分程度ロスした。8時半出発12時着と3時間半の所要時間。今から思うと首都高速にそこから入らずに一度用賀で下りて国道246号線で回避して適当なところから首都高速3号線に乗れば良かった。

往復とも全般的に言えることだが、慣れないドライバーが多くて極端に速度が遅かったり、二車線を併走して追い越し車線をふさいだり、追い越し車線を後ろから早い速度で近づいているのに走行車線から車線変更してくる車が多かった。一般道でもわき道から飛び出してくる車、信号無視の車、急に目の前でUターンする車などもあり、こちらが防衛運転で慎重に避けているから大事に至らなかったが、ボーっとしていたら絶対に事故になったと思う。

今回一緒に参加したビートのオーナークラブの人が、サーキット出走直前に、私が撮影しているところを撮影してくれた写真があったので追加しておく。
530969044_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.13

ブログ上のサービス


あし@というブログ上に訪問者の足跡をつけて、交流するというサービスが提供されたらしい。これはブログの設置者、および閲覧者の両方がこのサイト上で登録する必要がありみたいなので、実際に目論みどおりに利用するのはちょっと難しいのではないか?

私はむしろこのようなものよりも基本的な閲覧する際、書き込みする際に「安定している」「重くならない」「エラーにならない」というところを重視したい。またゴテゴテした派手派手しいレイアウトやデザインよりもシンプルで読みやすいものを選択できるほうがありがたい。ユーザーの設定により一つの記事が全部表示されずに「続きはここをクリック」みたいになっていて一覧できないようなもの、また過去の記事を読むのにナビゲーションに苦労するものもまだまだ多い。こういうところが意外と軽視されているような気がする。ありがたい機能としてはコメントやトラックバックをメールで通知してくれるもの、スパム投稿やトラックバックをブロックする機能なども重視したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.11

SunSet Swish


最近の音楽事情にうといのでSunSet Swishというグループを今回初めて知った。オフィシャルサイトをチェックすると、いきなり強制的にニューシングル「ありがとう」が再生されることになっている。この作りはどうかと常々思う。「聴かせたい」という作り手の意思は解らないでもないが、会社や、静かな環境で音を再生したくないと思っている人もそれなりにいるはずだ。どこかをクリックして意図的に自分の意思で音楽を聴いてみたいと思った人に聴かせるナビゲーションの方が好感が持てる。トップページで「なんだかな」と思ってしまうと曲の感想にも影響を与えてしまうことになるので、そういう意味でも残念だ。プロモーションビデオを見ても結局トップページで耳に入ったのと同じメロディーやフレーズが入ってくるのでインパクトに欠けるというデメリットもある。曲そのものも取り込みに失敗したと思えるくらい歪っぽくて、重厚感に欠けている。圧縮ファイルを小さなヘッドフォンで聴くにはこれでいいのかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.09

ドラリオン


ドラリオンという名前のサーカスがあるそうだ。現在チケット発売中で全国の主要都市で公演があるみたい。

どれもこれも神業のような高度な技術、経験を要求される出し物で素人が多少練習したくらいではできるものではないが、唯一素人でもできそなのがトランポリンだろう。まずは単純にぽんぽんとトランポリンの上で飛び跳ねるだけで、ジャンプした瞬間に多少のポーズや動きをつけるくらいからはじめることになるだろう。一回転ひねりを入れるくらいの動きができればいいが、そこまでできるか?着地のときにかなり怖そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.04

スゴロク


アドビのソフトウェアを使ってスゴロクCS3という名前のコマをデザインする「キューブ AWARDS 2007」キャンペーンをやっている。

何のことだかよく判らなかったので応募受付のサイトをチェックしてみた。審査員をつとめるデザイナーが作ったものがいくつか見られたが、所定のサイズ、形式内で自由に作成して応募できるようになっていた。最終的に選ばれたものがゲームの中で使われることになるのだろうが、特定の大きさの中で個性を出して、なおかつ差別化を図るのはとても難しいと思う。あまり凝り過ぎてゴチャゴチャさせるのも訳わからなくなるし、逆にシンプル過ぎるのもつまらない。ほどよくバランスを取るセンスが問われると思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.02

クイズ


「クイズサバイバー『しょこたんのマナーの壁』」という企画がライブドア、毎日新聞、シーエスという三社の合同企画で開催されている。これは二週間連続でマナーに関するクイズの答えたうえで、全問正解者に株価予想クイズの参加権が与えられて一番近かった人に100万円がプレゼントされるというものだ。

自分の好きなクイズ番組、クイズショーはだいぶ前に流行った、勝ち残った学生が海外に行けるというやつだ。クイズの名前などは忘れてしまったがTBS系で徳光アナウンサーが「アメリカへ行きたいか~!」とか参加者を煽っていたやつだ。最初は大人数の参加者だけど○×クイズでふるいにかけられて、どんどん人数が減っていき、やがて早押しクイズなど趣向を変えて、見ている人も参加しているかのように一緒に楽しめるものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.01

海外留学


サウスパシフィックフリーバード」という海外留学プランがあるそうだ。普通は金銭的にもかなりかかるが、これは「ワーホリ」と「ホームステイ」を組み合わせて格安でできる「語学留学」になっている。やる気さえあれば比較的、容易に実現可能な選択だと思う。

自分は大学時代の夏休みを利用して大学主催のイギリス研修旅行に行ってきた。多分期間は40日程度で、半分くらいは詰め込みで教室での英語の授業、残り半分は自由に旅行するというプランだった。その程度の期間でも英語漬けになるので、かなりしゃべれるようになる。自分の意思をきっちり英語で伝えることもできたし、相手の言っていることもほとんど判った。帰国した時はFENの放送も全部判るくらいの耳になっていた。言語だけでなく、知らない場所で身を守りつつ、積極的に行動する知恵も自然と身に着けていったし、自分とは文化の違う人と交流も楽しかった。

こうして身に着けたものも帰国し、大学卒業後に英語に触れなくなってくると英語力はどんどん落ちていく。たまに英語を使う機会があると「あれ?なんだかっけ?」ということが多くなってくる。しかし、知らない場所や人の中で何とかやっていくすべだけは生きているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »