« 里山の会 | トップページ | 気持ちのいい場所 »

2006.11.23

中島みゆきニューアルバム『ララバイSINGER』

11月22日に中島みゆきのニューアルバム『ララバイSINGER』が発売された。他の歌手に提供した曲を自分で歌ったものだ。

雪の激しく降る中を薄着で16弦の珍しい楽器を持っている写真のジャケットだ。初期の頃の作品で雪の中に子犬を抱えている写真のジャケット写真があったが、それを思い出した。それから「ララバイ」というのは日本語にすると「子守唄」らしいがあまり日常で普通には使わないので自分は「ララバイ」というと「ばいばい」とか「さよなら」という印象を持ってしまう。初期の頃の作品のイメージと重なったり、「さよなら歌手」という脳内直訳の印象で、中島みゆきが現役を引退してしまうような予感を持ってしまった。

いきなり余談というか自分の勝手な印象から始まったが、それに関連してついでに中島みゆきに期待したいことがもうひとつある。彼女の歌手生活の総決算的な意味合いも含めて過去の作品全てを高音質のSACDにして発売して欲しいということだ。5.1chでミキシングし直してくれれば最高だが、それには膨大な時間がかかるだろうから、難しいようだったら普通の2chでもいいと思う。今までのLPやCDとは次元の違う高い音質で出して欲しいと思う。

そして今回のアルバムを数回聴いた時点での感想を書いておく。絶賛したり感動したとかいう方向のものはウェブ上でレビューを探せばいくらでも見つけられるだろうから、それとは違う辛口の方向で書く。今回もプロデューサー、アレンジャーに瀬尾一三さんを起用しているが、ワンパターン化していて飽きてしまった。中島みゆき節で安心して聴けるという面もあるのだが、過去に聴いたことのあるイントロや味付けの曲調で、新曲なのに新曲として受け止められないのだ。象徴的なひとつの具体例を出すと一曲目の『桜らららら』のイントロが耳に入った瞬間に過去の作品の『彼女の生き方』が頭の中に流れてしまった。そして曲がはじまっても素直に歌詞が頭の中に入ってこないで『彼女の生き方』の歌詞とダブってしまうのだ。こういうことがこの曲だけでなく、このアルバムの他の曲でも、ここ最近リリースされた作品の多くの部分で感じることだ。

『宇船(そらふね)』はコンサートで演奏して客を立たせることができる数少ない中島みゆきの曲だと思う。ちょっと前のコンサートの時に客を立たせる意図で何か別の曲をやって客を煽っていてそのときは「その曲じゃあ無理があるでしょう。これでは立てない」と思ったが、この曲だったら違ったと思う。


|

« 里山の会 | トップページ | 気持ちのいい場所 »

コメント

もっと素直になりましょうよ(笑)
でもかわはらさんらしいかも/☆(/--)/パコン

わたしは瀬尾さんのアレンジがすごく心地良い人なので今回のアルバムもいい一枚だよなぁって聴き込むほど強くそう思えてきてます。アルバムでこれだからいつか生で聴くことができた時にはいったいどうなることでしょう>特にラスト3曲。

みゆきさんは現役引退することはないだろうな・・・ってなぜか漠然と確信もってたりします。皇室の離婚はないだろうと思うくらいの気持ちで、って例が悪すぎか(A^^;

投稿: あわっち | 2006.11.26 09:06

あわっちさん:

瀬尾さんのアレンジは私も嫌いではないんですよ。心地良いし綺麗だし、まとまっているし、安定しているし、ある意味「完璧」と言っても良いと思います。ただ、毎回同じパターンなのでちょっと食傷気味という感じです。「驚き」や「新鮮さ」が欲しいな~と思ってしまう贅沢者です。

今回の作品もライブで聴いたら気持ちよさそうなのが多いですよね。自宅でサブウーファー付きのオーディオで大音量で再生すると重厚感が出てコンサート会場の想像がつきます。

みゆきさんは引退しないでずっと現役でいつづけてくれるといいですね。ずっと見ていきたいですよね。

投稿: かわはら | 2006.11.26 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11784/12794049

この記事へのトラックバック一覧です: 中島みゆきニューアルバム『ララバイSINGER』:

» 中島みゆき「ララバイSINGER」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
2003年11月にリリースしたアルバム「恋文」以来の みゆきさんのNEWオリジナルアルバムがいよいよ登場しました. 「ララバイSINGER」はみゆきさんのデビュー曲 「アザミ嬢のララバイ」を彷彿するようなタイトル。 それもそのはず「アザミ嬢のララバイ」から30年たったとい..... [続きを読む]

受信: 2006.11.23 22:05

« 里山の会 | トップページ | 気持ちのいい場所 »