« 白のペンキ | トップページ | 煙突の設置(4) »

2006.10.19

煙突の設置(3)

Dsc_2370w600Dsc_2371v600直径150ミリの煙突の内側に、直径106ミリの煙突を入れて隙間をグラスウールで充填して、こんな感じになっている。

Dsc_2372v600高い部分はハシゴをかけての作業なので自由に動けないのでストーブ周辺の室内側に比べてかなりやりにくい。煙突を誰かに支えてもらって、その間に固定作業できるとだいぶラクだが、一人でやると効率が悪い。

|

« 白のペンキ | トップページ | 煙突の設置(4) »

コメント

はじめまして。
薪ストーブの導入を考えてからこちらのブログも大いに参考にさせてもらっています。

私も二重煙突自作の予定ですが、間の断熱材は固定はしてないのですか?ただ詰めているだけではだんだんずれてきそうな気がするんですが...。

内側が150ミリ、外側が200ミリ、断熱材は「セラミックブランケット」(厚さ25ミリ)というのを見つけたので、それを1回巻けばちょうどになる計算です。

投稿: 桐 | 2008.01.10 12:32

桐さま:

みっちりキツキツに断熱材を詰め込めば、固定しなくてもとりあえず、今のところは、ずれることはありません。

投稿: かわはら | 2008.01.10 17:35

返信が遅くなり申し訳ありません。

やはりただ巻くイメージではなく、「詰め込む」方がいいんですね。「セラミックブランケット」がちょうどいい厚さだったのですが、これだと「巻く」だけになりそう...。
もう少し考えてみます。

ありがとうございました。

投稿: 桐 | 2008.01.13 11:36

桐さま:

自作する場合は現物合わせで試行錯誤の必要がありますよね。もしかしたら巻くだけでもOKかもしれないですし、とりあえずやってみてから考えるのが一番だと思います。

投稿: かわはら | 2008.01.13 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11784/12338124

この記事へのトラックバック一覧です: 煙突の設置(3):

« 白のペンキ | トップページ | 煙突の設置(4) »