« 地震雲ふたたび | トップページ | いくら千葉だからといって・・・ »

2006.08.24

KV3サンバーの修理

Dsc_1938w640
少しの走行でオーバーヒートしてしまい冷却水がなくなってしまうという症状が出ていて修理工場に持っていってチェックしてもらった。電話がかかってきて「とりあえず見に来てくれ」ということだったので行ってみた。

Dsc_1945v640
エンジンのヘッド部分が取り外されていた。ヘッドガスケットが痛んでいてそこから冷却水が燃焼室に入ってしまっていたらしい。とりあえず目視点検ではヘッド部分も腰下部分もそれほど傷んでいないようなのでヘッドガスケットの交換で様子を見るということになった。

写真は痛んだヘッドガスケット
Dsc_1949w640

|

« 地震雲ふたたび | トップページ | いくら千葉だからといって・・・ »

コメント

平成4年式のサンバーを購入しました。
走行距離96.000キロを走っています。
エンジンが心配で・・・・

注意しなければならない事がありましたら
教えてください

投稿: しんしん | 2007.04.08 23:39

しんしんさん:

前のユーザーの使い方、メンテナンス状況が判らないので、何とも言えませんが、とりあえず優秀な整備工場でタイミングベルト、ウォーターポンプを交換してもらって、その時に「他に心配な部分はないか?」と相談するのが一番確実だと思います。

投稿: かわはら | 2007.04.09 07:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11784/11584072

この記事へのトラックバック一覧です: KV3サンバーの修理:

« 地震雲ふたたび | トップページ | いくら千葉だからといって・・・ »