« 床板(二層目)と壁の骨組み | トップページ | 梁がついた »

2005.11.19

壁の骨組みが立った

DSCN0001-w640
仕事から帰ってきたら四角い骨組みが立っていた。形が見える大きな変化だから「すごい進んだ」という印象が強い。

|

« 床板(二層目)と壁の骨組み | トップページ | 梁がついた »

コメント

立て(壁)の骨組みから屋根を作るまでは、平面から立体への変化なのですごく早く変化しているように見えますよね。大まかな形が出来てからの細かい作業の方が時間が目に見える変化が少なくなるから、急に遅くなったように見えたりもしてね。

母屋の完成、そしてウッドデッキなど盛りだくさんに楽しませてもらえそうですね。

投稿: めい | 2005.11.20 16:54

「骨組みが完成したところが一番美しい」と言っていました。屋根まで含めて形ができるのが楽しみです。

その後も少しずつ変化していくのも面白いですよね。

投稿: かわはら | 2005.11.21 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11784/7199404

この記事へのトラックバック一覧です: 壁の骨組みが立った:

« 床板(二層目)と壁の骨組み | トップページ | 梁がついた »