« 待ち時間 | トップページ | 靴を買った »

2005.09.06

メガネの修理

最近メガネの鼻当ての部分のプラスチックのパーツが取れてしまって金属部分が直接鼻に当たって痛かったのと、かけていてずれるので視界が狂って気持ち悪いのを我慢していた。

仕事を終えて出先の店舗の近くの道路沿いに数百メートル離れた二軒のメガネ屋さんがあったので、寄ってみた。一軒目はメガネスーパー。若いちゃらちゃらした店員があっさりと「できない。ダメ」と腕を×の字に組んで断ってくれた。とてもその店で新しく買おうという気にもならなかった。

二軒目は愛眼という店で渋い落ち着いた店員が「おまかせ下さい」と受けてくれた。数分預けていると外れた方だけでなくもう一方も新しいパーツに取り替えてくれた。前の掛け心地が戻ってラクになった。しかもたったの300円しか請求されなかった。既に4年半近く使っているプラスチックのレンズで傷もそれなりについていたので買い替え時も近いので、次回買うならばこの店にしようと思った。

|

« 待ち時間 | トップページ | 靴を買った »

コメント

愛眼は、確か関西系の企業だったと思うのですが、さすが「浪速の商人(あきんど)」ですね。メガネって、結構利益率の高い商品だと思いますので、この辺の気遣いが他店との差別化を産むんでしょうね。視力に関わることなので、安かろう悪かろう……じゃ、困っちゃいますし。

名古屋は関西に近いってのもあるのでしょうが、メガネスーパーでも鼻当て部分のパーツは廉価で交換しています。ネジだけならば無料が、どの店舗も基本のようです。って、この情報は15年以上も前にメガネスーパーを訪れた私の脳みそから出ていますので、今は昔かも知れません(こら)。

投稿: 梶谷 | 2005.09.07 00:54

私は極端に視力が悪いので安いレンズだと「牛乳瓶の底」状態になってしまいます。そこで薄く作れる圧縮レンズという高価な品しか選択肢としてなくなってしまうんですよね。

鼻当て部分の取り付けがネジタイプだったらメガネスーパーでも直せたらしいのですが、私のはネジではなくかしめて止めるタイプだったのです。あらゆる種類の品揃えに対応している
という点でも愛眼は評価できました。

投稿: かわはら | 2005.09.07 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11784/5817377

この記事へのトラックバック一覧です: メガネの修理:

« 待ち時間 | トップページ | 靴を買った »