« 雨どいとドアがついた | トップページ | 震度2 »

2005.06.07

切断したベンチの加工

DSCN2987-w640
今朝、半分に切断したベンチの上で子供が上に乗って遊んでいた時に従来の足がついていた方の足の外側のオフセット部分に体重がかかると、足を支点にして持ち上がって椅子がひっくり帰ってしまうことが判明した。そこでオフセット部分を切断してもらった。

また新しく取り付けた足も柱だけだったので力のかかり方によっては天板のふちの方に立つとそのまま前後方向に倒れる危険もあったので、予防的に横の支えも追加してもらった。

オリジナルの長い状態でバランスが取れていたが、単純に半分にすると軽くなったり安定が悪くなったりすることを実感できた。製品の状態はそれなりに考えられて設計されているものだと妙に感心した。そして改造する場合には新たな問題点が出てくるので、相応の対策が必要だった。

|

« 雨どいとドアがついた | トップページ | 震度2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11784/4454687

この記事へのトラックバック一覧です: 切断したベンチの加工:

« 雨どいとドアがついた | トップページ | 震度2 »