« プリンタードライバーのインストール | トップページ | 今さらGT4(GRAN TURISMO 4) »

2005.05.04

同じ車でもセッティングの違いでタイムが違う

DSCN2902-w480
茂原ツインサーキットでの走行会に参加した。グリップクラスに他の車種と混じって写真のビートが3台が参加。左の赤いのははほとんど純正状態に近いもので58秒台、真ん中のアドバンカラーのはバリバリのサーキット仕様で54秒台、そして右側の私の緑のはサーキットも考慮に入れて街乗りもできる中間の仕様で56秒台で周回した。

半年位前に私も58秒代で走っていた。その時に履いていたタイヤは賞味期限切れのダンロップのD98Jだったが、それからヨコハマのA048に変更したことと車高を調整して若干その時より落したことだけで、タイムが2秒縮まった。走り方はほとんど変えていないで同じように走ったつもりでもセッティングが違うだけでこれほどまでに違うということを実感した。

|

« プリンタードライバーのインストール | トップページ | 今さらGT4(GRAN TURISMO 4) »

コメント

車の状態によって、約2秒ずつ周回タイムが違うというのも面白いですね。そのタイム差の中にはドライバーの腕や癖も含まれてはいるのでしょうけど、書き込まれている様子からはそんなに極端にドライバーに差がないような雰囲気ですね。

こうやって同じ車でそれぞれ違う仕様での走りを比べられるというのもいいですねぇ。どこをどういじればタイムに繋がるのか、どう運転すれば車の性能を引き出してあげられるのか・・・・まだまだ、あたしには未知の世界がたくさんあります。

投稿: めい | 2005.05.04 20:48

まずは「軽量化」「低重心化」など物理的な運動特性を有利にすることです。人間でも子供や米を抱えていたら動き回るのには向かないですよね。それと同じことです。

次にサスペンションをサーキット向けのものに変更することです。サンダル履きより運動靴の方が走りやすいのと同じことです。

投稿: かわはら | 2005.05.05 06:21

子供をおぶってご飯を作って、サンダル履きでお散歩するのが穏やかな(?)家庭の風景。
子供を置いてお弁当を買って、運動靴で気合を入れるのが走り(遊び)モードというところかな。

え?違う?(笑)

投稿: めい | 2005.05.06 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11784/3977946

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ車でもセッティングの違いでタイムが違う:

« プリンタードライバーのインストール | トップページ | 今さらGT4(GRAN TURISMO 4) »