« 模様替え | トップページ | スピーカーを床に直置き »

2005.03.07

ヨコハマA048装着

DSCN2740-w480今まで緑ビートに履いていたダンロップの温泉マークのようなトレッドパターンのD98Jがかなり磨り減ってきて溝が少なくなってきたので、ヨコハマのA048に交換した。

同じSタイヤで同じサイズでもメーカーやブランドによって全然性能が違うのを実感した。D98Jを履くときは、その前に履いていたのと同じA048を注文しようとしたが、メーカー欠品中でいつ入荷するか判らないということだった。そこでやむを得ずD98Jになったのだが、グリップ感があまりなかったので驚いた。また本来の状態に戻ったので思い切ってサーキットを走ることができるようになる。

|

« 模様替え | トップページ | スピーカーを床に直置き »

コメント

川原さん、こんばんわ。

画像をアップにしましたところ、リアバンパー内に空冷式?のオイルクーラーらしきものの姿が見られますが、実際のところの使い勝手というか感想はどんなもんですか?

サーキットを走られているとのことで、そーでない街乗り&高速走行オンリーなら必要ないとか、コア配置の実際とか、エンジン始動直後の暖気だとか、そーいった類を教えていただけると幸いです。

わたし自身は、いまのところサーキット走行などの考えはありませんが、多走行車のオイル上がり?などの話もよく耳にしますのでそーいった面ので緩和になれば、とメンテナンス的な意味で関心があります。

投稿: e--pp1 | 2005.03.07 22:17

よく見つけましたね。確かに空冷式のオイルクーラーが装着されています。

結論から言うと街乗りや高速道路、あるいは峠道などの「公道の走行」でしたらオイルクーラーは全く必要ないと断言できます。

どんなに公道で激しく走ったとしても「サーキットで限界領域での連続走行」と比べたら車に与えるダメージは全然少ないですから不要の長物になると思います。

使い勝手についてはオイルクーラー装着してもしていなくても特に違いはありません。本来オイルフィルターを取り付けるところに取り出しのパーツをつけてそこからホースでナンバープレート裏あたりのコアまでホースで引き回す形です。そしてオイルフィルターはその取り付けパーツを介しているかたちです。

エンジンのオイル上がりとかオイル下がりとかの対策としてはコマメにオイル交換してやるとか、オイルの量を頻繁にチェックするとかの方がはるかに有効だと思います。

投稿: かわはら | 2005.03.08 09:11

川原さん、こんばんわ。

画像が拡大できるのをこの記事で知りました(笑)100~120km/hの速度域での長距離ドライブをたま~にするので油温はちょっと心配の種だったりしました。あと、それとメカ的興味も半分。

実際に使っておられる方の意見は、大変参考になります。教えていただきどうもありがとうございました。Sタイヤなんて、(いまのところ)わたしには無縁の世界のように感じているんですが、サーキット走行はおもしろそうですね!

投稿: e--pp1 | 2005.03.08 22:18

140km/hで連続走行しても油温はそれほど気にしないで大丈夫です。けっこうエンジンルームに風が通り抜けますからそんなに負担になりません。

それよりもむしろ50km/h程度くらいまでの速度域を一速や二速のギアを使ってギンギンにエンジンをレッドゾーンまで回すような曲がりくねった道を走行するケースのほうがエンジンには厳しいと思います。

Sタイヤを履かなくても通常のラジアルタイヤでもサーキット走行は十分に楽しめます。機会があればぜひ挑戦してみて下さい。

投稿: かわはら | 2005.03.09 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11784/3206246

この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマA048装着:

« 模様替え | トップページ | スピーカーを床に直置き »