« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.31

大学時代の同窓会に行ってきた

DSCN2280_edited-v240.jpg
大学の同窓会が母校であった。今までは学部ごとに独自に開催されてきたのだが、今回は学部を問わず全学部同時開催だった。かなりの人数が集まるかと思っていたが、予想に反して意外と少ししか集まらなかった。しかも私の学部は私を含めて二人のみで、肩身が狭かった。まあ他の学部の友達も学生時代にちょっと話したことがある、顔は見た事あるというのが半分づつくらいでそれなりに楽しめたけど、それぞれの学部ごとに盛り上がっている話にはついていけないからちょっと寂しかった。招待された退職した先生の隣の席になったので今までの経歴などを聞いた。色んな国で発行された身分証明書を持ってきてくれて見せてもらった。

終わった後にキャンパスの方でやっている大学祭をちょこっと観てきた。野外ステージでイベントの準備をやっていた。学生らしいスタッフがPA機材をセッティングしていたのでちょっと声をかけたら、やはりそうだった。私がかつて音響照明委員会というのを立ち上げたことを伝えて最近の動向について話を聞く。けっこういい感じでやっているみたい。私がやっていた頃の機材はほとんどなく新しいものに入れ替わっているが、当初の伝統が引き継がれているのを実感してしみじみとうれしくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

携帯電話買い換えた

今まで2年間ほど使ってきた携帯電話はカシオのA3012CAのバッテリーがかなりへたってきたようで、最近充電できなかったり、突然電源が落ちたりする症状が出てきた。なかなか使いやすく気に入っていたのだが、仕事で使っているので信頼性が落ちた状態だと危険だ。メモリーしている電話帳のデータなどが消える危険性もあるので、そろそろ買い替え時だと思っていた。

今日、仕事で出かけた先の向かいがauショップだった。時間的にも少し余裕があったので寄って「一番安いやつ」ということで注文した。今まで使ってきたポイントが2000円分たまっていたので税込み840円+事務手数料2100円の負担だけで新しいサンヨーのA1305SAというのをゲットすることができた。慣れないのでイマイチ使いにくい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.25

カーナビの動作確認

オークションでゲットしたカーオーディオ用の配線から電源を取るコネクターが届いたので、事前に準備しておいたカーナビと接続した。端子を繋ぐだけなので楽勝だった。それでナビの基本的な動作確認をとった。

リモコンの相性がイマイチのようでメニューを下に選択する動きがイマイチ。ディアマンテについていた方のリモコンをもってくると正常に動作するし、こちらの付属のリモコンをディアマンテに持っていくときちんと動作する。そこでリモコンだけを入れ替えて使うことにした。

その後FM多重放送の選局、受信の設定をした。ディアマンテの099だと受信できている80.7MHzの電波が、ビートの077だと取れないようだ。シートを取り外して他のアンテナのコネクターと差し替えてみても症状は変わらない。もしかしたらチューナーの感度が低いのかもしれない。またテレビの映りもディアマンテと比較してかなり悪いので入り口のアンテナがイマイチなのかもしれない。これは場所を移動して電波の強いところで再度確認する必要がある。

以上の動作確認後、しばらく経ってから車を移動しようと思って再度確認したらテレビは表示するが、カーナビが表示しないという状態になってしまった。アンテナ線を差し替えるためにシートを脱着するときに配線が抜けたのかもしれない。外出する用事があったので保留にしておいて、帰宅してからシートを取り外して確認した。すると予想どおり配線がシートに押されて抜けかけていた。挿しなおすときちんと表示されるようになった。そのまま戻すとまた同じ症状になってしまう可能性があるので、束ねている配線部分をシートの下からシートの後ろ部分の別の場所に移動して干渉しないように回避しておいた。これにてビートへのカーナビの取り付けと動作確認はほぼ終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.23

さんまの刺身

DSCN2250-v200.jpg
友人宅でオフがあった。そこでおいしいお魚の刺身を食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーナビの取り付け

DSCN2230-v300.jpg午前中にモニターも届いたので、ビートの助手席を取り外して配線と取り付けをした。ぎりぎりで助手席の下のスペースに納まった。

あとは電源のキットが届けば、それを利用して車と接続するだけの状況まで仕上げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.22

カーナビが届いた

ディアマンテの売却にともないカーナビをビートに載せ替えるのも面倒なのでヤフーオークション代替の品物をゲットした。

今回ゲットしたのはアルパインの一世代前の077シリーズ。ディアマンテのは099シリーズ。どちらもDVDナビで配線や部材は概ね共通している。そこでディアマンテに載せているのを一時的に外して、今回届いたカーナビと入れ替えて動作確認した。特別問題なくあっさりと動いた。

メニュー画面や地図が若干099シリーズと違って古い感じだが、あまり違和感はなく共通の操作で判りやすかった。古いモデルに移行するのでイラつくかとも思ったが、動きもそれほど遅いという感じではなく許容範囲だった。実際の検索やルートの引き方はまだ試してないので、多少違うのかもしれないが、カーナビの引いたルートをを無視して最短でショートカットすることも多いので特別問題はないと思った。

地図データのDVD-ROMは最新版だが、やはり数ヶ月前に新しく開通した館山までの高速道路が「工事中」になっていた。数日前にカーショップで最新のHDDナビをいくつか確認したが、それらでもまだ開通とは反映されていなかったから無理もない。こういう情報がリアルタイムに近い形で反映されないのはちょっとなんだかなという感じ。

明日以降、モニター配線キットが届くので、来週ビートへの取り付けをしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.21

ディアマンテの売却が決定した

ここのところの仕事での移動の際に狭い道に入っていく時に不自由を感じることが多い。それで、もう少し小さい車に乗り換えたいと思っていた。

最近になって偶然お客さんから「来年早々に5MTのオペルのアストラXD200,GLを手放したい」という話があった。この話がなければ何とか我慢しつつディアマンテに乗り続けていたと思うが、今よりコンパクトな車で、なおかつ5MTというところがポイントとなってディアマンテを売りに出すことにした。最終的にはヤフーオークションで165000円で売れた。該当のページはこちら

    ディアマンテ アストラ
横幅 178センチ→170センチ
長さ 478センチ→406センチ
重さ  1510キロ→1100キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.20

IBMソフトウェア導入支援でエラーが出た

IBMのThink Padの付属アプリで「ソフトウェア導入支援」というのがある。ボタンを押し進めていくだけで半自動でIBMのサイトにいってアップデートされているソフトウェアをダウンロード、インストールしてくれる便利なツールがある。これを今日やってみたら、IBMのサイト内を検索している途中で[pkgmgr.exe/5.0.1.1/tpisetup.dll/0.0.0.0/0001750a]というエラーが出てしまって最後まで処理できない。

とりあえずマイクロソフトへのエラー報告を行う。その後IBMのサイトへ行って情報を探したが、見つけられなかった。このソフトのバージョンは2.33.0493で現時点での最新になっている。その後ウィルスチェック(異常なし)→スキャンディスク(異常なし)後に再び試してもダメ。また、BIOSが数日前にアップデートされていたのを偶然見つけたので、1.08→1.10へアップデート後に試してもダメ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.19

街灯がついた

DSCN2228-v200.jpg
DSCN2164-v200.jpg
今まで夜になると真っ暗だった家の前の通りの交差点のところ二箇所に今日街灯がついた。安全性を考慮してのことだろうが、田舎で照明がないことによって星がきれいだったのが失われて残念だ。下の写真は昼間の風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.17

戦利品

DSCN2219-v200.jpg
町のボランティアで行っているパソコン救助隊で町民の家に訪問してインターネットに接続できないというトラブルを解消してきた。そのお礼にということで、そこの農家で作った野菜をたくさんいただいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.10

洗車二台フルコース

台風が通過した翌朝、家の周りを一通りチェックした。とりあえず問題はなかった。

屋根付きのガレージに入れておいた車にも薄っすらと木の葉などが水滴とともに付着していた。放置しておくと固まりそうなので軽く水洗いしてから、ワックスまでかけておいた。ディアマンテとビートの二台とも処理したので、曇りで肌寒い陽気だったけど汗だくになった。終わった後に自分もシャワーを浴びてさっぱりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.09

台風一過

強烈な台風22号が関東地方に接近しているという情報だったので、停電に備えて万全の体制で臨んだ。ろうそくや懐中電灯の準備は言うまでもないが、水の確保までしっかりおこなった。自宅では井戸をポンプで汲み上げているので停電になると全く水が出なくなる。そこで、お風呂や洗濯機、洗面器、水筒、鍋などに水を溜めておいた。数年前の台風直撃の時には24時間以上停電が続いたからそのくらいの時間断水しても何とかなる程度の備えだ。

町内の防災無線では一部の地区で「がけ崩れが起きた」「冠水している」「自主的に判断して避難して」などという情報が日中流されていた。

18時くらいに最接近するとのことだった。実際にピークだった時間帯は風雨がそれなりに強くなったが、その後、急激に静かになった。19時半の時点でもう完全に過ぎ去った感じで空も晴れているみたい。何事もなく済んで良かったが、ちょっと拍子抜けしてしまった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.10.08

ディアマンテのサスペンションアーム交換

数日前にディアマンテの右側のタイヤの辺りからグリス漏れが発見された。その日のうちにディーラーに持ち込んで修理を依頼したのが今日完了した。「右コンプレッションロアアーム交換」で部品代、工賃込みで18,690円の出費。

サスペンションアームの継ぎ目部分がゴムでシールされていてその中にグリスが注入されているらしい。経年劣化でゴムが破けて中身が出てきてしまうという症状。放置しておくと異音が出たりするようになるらしい。このパーツには車重は直接かからないが、前後方向の動きを吸収するそうだ。数ヶ月前に左側の同じパーツで、全く同じことになったわけだが、ほとんど同じ時期に左右が壊れるわけだからある意味ではすごい精度、寿命の出方だともいえる。14万キロも走行しているのであちこちガタが出るのは無理もない。

この車のサスペンション関係でリコールになっていた部分がある。それとの違いが気になったので訊いてきた。リコールになっているのは「サスペンションアームのボールジョイント部分のカシメがしっかりしていなくて、水分が入り錆付いて最悪の場合はアームが外れる」とかいうことだそうだ。そことは構造や仕組みが違っていて今回の現象では致命的な壊れ方はしないらしい。あまりに修理代がかかるような故障だと買い替えすることになるけど、数万円程度のだったので、不具合を放置しておくのは気持ち悪いし直すことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.02

運動会

DSCN2072-v200.jpg
子供の運動会の親子騎馬戦での一こま。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »