2018.09.30

グリーンハウスはPC周辺機器だけでなくキッチングッズも生産

今回のイベントに参加する前にはグリーンハウスはパソコン周辺機器のメーカーだと思っていた。

株式会社グリーンハウスコーポレートサイト

Dsc_8874_00001_2
ずらり並ぶ、キッチン関連商品の品ぞろえにびっくりした

Dsc_8888_00001
イベントの様子(イケメンの開発担当の社員さんが説明しながら参加者へビールを注いでくれた)

今回のメインのテーマのビアサーバーの他にも、興味深い製品がたくさんあった。

Dsc_8885_00001_2
ホットサンドメーカーはプレートが取り外せて洗える仕様とのこと

Dsc_8884_00001
定番のホットサンドはもちろん、ワッフルも簡単に作れる(この写真の他にチョコパイも美味しかった)

Dsc_8897_00001
チーズ、ポテト、ハム焼きもオツマミとしてイケる

Dsc_8886_00001
40khzの超音波の振動でクリーミーな泡を作る機械を試す参加者

Dsc_8894_00001
カクテルを作るのにも良いが、長時間グラスに入れて泡立ちの消えたビールも復活する

Dsc_8877_00001
個人的に気に入ったのがビール瓶に装着して、超音波で泡を作る機械

Dsc_8879_00001
クラフトビールの美味しさが倍増する(銘柄の選択にもセンスを感じた)

https://photos.app.goo.gl/AJdzvjzm1D7Ub7KW9
スライドショーで他の写真

モニプラ:グリーンハウスファンサイト参加中

| | コメント (2)

2018.09.20

ビアカクテルサーバー

ビールの苦味が苦手な人でも、サワーとか酎ハイとかは飲める人は多い。ビールとジュースを混ぜてカクテルにすると、それと同じように飲みやすくなる。

モニプラ:グリーンハウスファンサイト参加中

グリーンハウスから発売されているビアカクテルサーバーは二種類の缶をタンクの中に入れて、ブレンドして、超音波で泡を加えて手軽にビアカクテルが作れるようになっている。

Dsc_8554_00001
単三電池2本が電源なのでAC(コンセント)不要でどこでも使える。1.5Vのアルカリ電池ではなく、1.2Vの充電式のニッケル水素電池も使えるのがありがたい

Dsc_8555_00001
今回は北海道のビールと、愛媛のオレンジジュースのコラボ

Dsc_8556_00001_2
本体内部に缶と、あらかじめ冷凍庫で凍らせた保冷剤を投入

Dsc_8558_00001_2
本体の外観

Dsc_8557_00001_2
今回はオレンジビアカクテルと、普通のビールを作ってみた

オレンジビアカクテルはフルーティで飲みやすかった。

普通のビールだけだと、泡がクリーミィでビアホールでのサーバーで注いだようだった

カクテルビールサーバー特集

■国産ビール編■

左右のタンクに同じビール缶を2本入れて単純なビールサーバーとしても使ってみた。

Dsc_8873_00001
非常にきめ細かいクリーミーな泡が出る

Dsc_8872_00001
ビール好きにはたまらない泡

Dsc_8871_00001
本格的な味が楽しめるサーバーマシン

■ドイツビール編■

Dsc_8923_00001
このように背の高いビール瓶の場合には内蔵タンクに納まるコップに移し替えてから注げばOK

Dsc_8922_00001
頂き物のドイツビールなので、最高の状態で飲みたい

Dsc_8924_00001
きめ細かいクリーミーな泡で楽しめる

| | コメント (0)

2018.09.02

ボッシュのエアコンフィルター

東京都渋谷区でのボッシュ プレミアム アンバサダー第2回ミーティングに参加する機会に恵まれた。

ボッシュのエアコンフィルター「アエリスト(抗菌・脱臭タイプ)」について、詳細な説明や解説の後、実際にフィルターの素材からフィルターを作る作業の体験、そして実際の製品を、実車で交換作業する体験ができた。

最後にボッシュの社員食堂に移動して、乾杯の後の軽食をいただきながら、海外のスタッフによる各国のカーライフの違いの座談会など盛りだくさんの内容で、とても面白かった。

印象に残ったのは、エアコンフィルターは1年に一度、もしくは1万キロ走行ごとに交換を推奨されているのだけど、実際にやっている人は半分程度ということだった。私もエンジンのエアクリーナーは定期的に交換しているが、エアコンフィルターは盲点だった。エアコンフィルターを交換しないと風量が正常な状態から半分程度に落ちてしまったり、過度にエアコンを使うことになるので1000キロ走行ごとに数リットルのガソリンを無駄に消費することになるそうだ。

そして最近のエアコンフィルターは、単に粉塵を除去するだけでなく、もっと細かい最近やPM2.5などの微粒子も除去するように設計されているものもあるそうだ。さらに活性炭により臭いまで吸着するということだった。値段はノーマルが2000円程度に対して、真ん中のグレードが3000円程度、最高級のものが4000円程度と1000円づつアップするくらいということだった。

参加者は自分のクルマに適合するエアコンフィルターをお土産にもらったけど、残念ながら私は古い軽バン(ダイハツS100Vハイゼット)に乗っているので、適合するものがなく、製品を試すことはできない。今回、体験として作った作品をバラして純正品と同じサイズに加工してみようかと思って、帰宅後に確認してみた。ダッシュボードを外すと、内側にファンのユニットと、エバポレーターが連結されているような雰囲気で、フィルターがどこについているか判らなかった。

Dsc_7755_00001
エアコンフィルターの設定位置が不明なハイゼット

その後ネットで調べてみたら、なんとエアコンフィルターがそもそも「ない」設計だそうだ。そこまでコストダウンしていることにびっくりした。そのため、埃や異物の侵入で異音が出たり、エバポレーターが詰まったりするトラブルを分解修理している情報が見つかった。


Dsc_7692_00001
イベントの流れ

Dsc_7697_00001_01
三層構造のフィルターの実物(粗い粒子除去膜+活性炭+微粒子を静電気)

Dsc_7700_00001
パーツを加工して実際のフィルターの製品を模擬的に作成する体験

ただ形にするだけでは面白くないので、インスタ映えするように(?)一工夫する課題だった。

Resize3366
私の作品のエアコンフィルター

Dsc_7711_00001_2
大半のクルマは、実車のグローブボックス内のカバーを取り外すと、その内側にフィルターケースがある

Dsc_7712_00001
参加者によるフィルターの交換作業の様子

Dsc_7721_00001
今回交換したフィルターのパッケージを持って作業完了後の記念写真

Dsc_7730_00001
ドイツ本社ならではの社員食堂に用意された様々な種類のドイツビール

Dsc_7736_00001
乾杯で喉を潤す

Dsc_7748_00001
個性豊かな様々な種類のビールを楽しめた

Dsc_7726_00001
ドイツらしいソーセージのオツマミも

Dsc_7728_00001
夕食時のひと時だったのでサンドイッチもお腹を満たしてくれた

Dsc_7723_00001
デザートのチーズケーキとチョコレートケーキ

Dsc_7738_00001
興味深かった各国スタッフによるカーライフの座談会

▼当日のその他の写真はこちら
https://photos.app.goo.gl/t6cqyvJ892zvqhS48


▼ボッシュ・カー用品(カーサービス)取扱店についての検索はこちらから!
http://jp.bosch-automotive.com/ja/stores

#BOSCH_PAM

| | コメント (0)

2018.08.25

ジャコウネコが食べたコーヒー豆

ジャコウネコは完熟した美味しいコーヒーの豆しか食べない。ジャコウネコの体内で消化されて腸内の酵素の作用で熟成したコーヒー豆を糞から回収したものだ。そのため、希少で高価で「幻のコーヒー」とも言われている。これまで、話しには聞いたことはあったけど、実際に飲む機会に恵まれた。

エクーア シベットコーヒー フィリピン産ジャコウネココーヒー

イーグルアイ・フィリピーノ エクーアファンサイト参加中

Dsc_7625_00001
袋に炭酸ガスを逃がす弁がついていることからも期待できそう

Dsc_7624_00001
コーヒーミルで早速挽いてみる

Dsc_7626_00001_2
全部で50グラムしかないので、水出しコーヒーとして20グラム使った

水出しコーヒーの場合には豆60グラムで約1リットルを抽出するのが標準なので、今回は300-400ml分を作る

Dsc_7627_00001
挽いた豆を水出しコーヒー用の不織布パックに入れる

Dsc_7628_00001
このコーヒー入りパックをポットに入れた水に浸す

Dsc_7629_00001
常温で6-12時間程度抽出する(濃さは時間で調整)

今回はアイスコーヒーがテーマなので、抽出後に氷を入れる前提で薄まることを計算に入れて、濃いめで抽出する。

Dsc_7633_00001_2
12時間後にコーヒーバッグを取り出して、冷蔵庫に移すと2-3日間は美味しく飲める

熱湯で抽出する方法と比べると熱酸化がないので、美味しく飲める。冷蔵庫で抽出すると常温の倍以上の抽出時間がかかってしまう。抽出してから冷蔵庫に保管するのが良い。

残りの豆30グラムで、水出しだけでなく普通にドリップしたホットコーヒーを冷蔵庫で急冷さる方法も試してみることにした。

Dsc_7630_00001
抽出温度はデジタル温度計で管理

Dsc_7631_00001
ハンドドリップで淹れる

Dsc_7632_00001
冷蔵庫で冷やす

Dsc_7635_00001
まずはブラックで純粋な味を楽しむ

Dsc_7647_00001_2
次に牛乳を入れてマイルドな味を楽しむ

気になる抽出方法による味の違いだけど、結論から言うとアイスにする場合には、水出しコーヒーの方が全然美味しい。熱湯で抽出してから急冷した方は、どうしても抽出時の熱酸化した感じと、雑味が出てしまって苦味、渋みを感じてしまう。

熱湯で抽出する場合は、ホットで抽出直後に普通に飲んだ方が良いと思った。その場合には、コク、香りの中に、砂糖を入れなくてもほのかな甘みのような雰囲気を感じる味で、美味しく飲めた。(冷蔵庫で急冷バージョンの他に普通にホットでもティスティングした)

今回は滅多に飲めない貴重なコーヒー豆を味わうことができて有意義な体験ができた。

| | コメント (0)

2018.06.29

食欲の出ない暑い時に手軽に作れるカレー

蒸し暑いと食欲が出ない。食べないと栄養が摂れずに体調が悪くなると悪循環だ。そんな蒸し暑い時でもお腹に入るのがカレーだ。

レトルトも手軽で良いのだけど、具材を自分でコントロールできない。そんな時にルーであれば好みの具材で作れる。そんなカレーを作るのに、煮込むのに時間をかけずに手軽にサクっと作れるパウダー状のルーを紹介しよう。コスモ食品株式会社から発売されている商品だ。

コスモ食品ファンサイト参加中

Dsc_6846_3
適当に刻んだタマネギを中火で焦がさないように炒める

Dsc_6847
パッケージ

Dsc_6848_2
適量をドサっと入れて少量の水で溶かす

Dsc_6849
ヨーグルトも入れてマイルドな味にする

Dsc_6850
ざっとかき混ぜて、ご飯に上に乗せる

Dsc_6851
ビールとの相性も抜群

| | コメント (0)

2018.06.08

ボッシュのワイパー初体験

このたび、ボッシュ プレミアムアンバサダープログラムのモニターに参加することができた。

東京都内で開催されたキックオフミーティングにも行きたかったのだけど、関西出張の日程と重なって残念ながら参加できなかった。

その後、モニター商品のBOSCH エアロツインJ-フィットというワイパーの現品が送られてきた。早速、クルマに取りつけてみた。

Dsc_6598_3
BOSCHのロゴ入りの段ボール箱でテンション上がる

Dsc_6599
開梱すると運転席、助手席側分の二本入っていた

Dsc_6601
カバーが特徴的(こんなところのデザイン性まで配慮された製品は初体験)

普通のワイパーなら説明書を見ないでも楽勝で交換できるけど、この形状は「?」だった。パッケージの裏面の説明を見ながらやったら、少しだけ考えて、結果的には問題なく交換できた。

Dsc_6602
車両に装着した状態

Dsc_6603
普通のワイパーと違って、厚みがあるので、雪の時にも効果的だ

古い軽バンのダイハツ、ハイゼットのワンボックスにオシャレなワイパーがついて、これからの梅雨のドライブが視界良好で、快適になるだろう。雨の中、運転すると拭きムラ、拭き残し、ビビり音などもなく気持ち良かった。

▼ボッシュ・カー用品(カーサービス)取扱店についての検索はこちらから!
http://jp.bosch-automotive.com/ja/stores

#BOSCH_PAM

| | コメント (0)

2017.12.01

湖池屋の「プライド」ポテト

「フライド」ポテトではなく、「プライド」ポテトというネーミングでメーカーのプライドが出ている。

ポテトチップで、バーベキュー味などのフレーバーの強いものがありがちだけど、この商品は薄塩と、昆布、カツオの旨みだけで勝負していて、ジャガイモの素材そのものの美味しさを感じられて、好感が持てる。

ビールのオツマミとして試してみたが、相性が良かった。


Resize2609
メーカーのプライドが感じられる

Resize2608
無添加

Resize2610
小さ目のチップで一口サイズ

Resize2607
ビールとの相性抜群

Resize2606
一袋で355Kcalあるので覚悟をキメよう

湖池屋モニプラファンサイト参加中

KOIKEYA PRIDE POTATO

| | コメント (0)

2017.09.26

かわはら薪ストーブ本舗の公式サイト完成

本業の薪ストーブ店の公式サイト、独自ドメインを取得して、新規開設しました。

https://kawahara-stove.com/

| | コメント (2)

2017.06.06

リヤハッチの交換

Resize1341
ガラスが割れ落ちたので、ビニールで養生しておいた

Resize1340
ガラスだけ交換も選択肢としてはありだったのだけど、リヤハッチも塗装はげ、凹みなどあったので全交換

Resize1339
交換作業中

Resize1338
作業完了して復活

この8月で車検で、買い替えもありかと思っていたのだけど、修理代をかけてしまったので、もう1回は車検通そうかなという感じ。

| | コメント (0)

2017.05.11

黒ラベルエクストラブリュー&サッポロビール40周年記念グラス

Resize1174
限定醸造の黒ラベルエクストラブリューは、柔らかさとほのかな甘さが感じられて、ノーマルバージョンより好き

Resize1173
40周年記念グラスで、いただきもののニンニクの葉の炒め物と一緒に


| | コメント (0)

«ついに完成!究極の薪小屋