2022.02.02

さんぶの森元気感が休館で残念

さんぶの森元気館でプールに行っていたのだけど、コロナ陽性者が出たということで休館になってしまった。

そもそもPCR検査で陽性になったからと言って発症しているわけではないし、閉鎖するほどのことでもないと思う。

運動不足で健康悪化してしまう。

| | コメント (0)

中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」のライブドキュメントの感想

たった60分しかない収録時間なのに、開演直前の「ファイトオー」の気合入れシーンが多過ぎるように思う。ノーマルバージョンと、コロナバージョンの二回で十分。ツアー会場を移動する度に入れる必要はないと思った。

その分、リハーサル風景など普段見られないシーンを多く収録して欲しかった。

 

【店舗限定特典あり】中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」【初回盤 2CD(高品質CD・Blu-spec cd2)+Blu-ray】 + チケットホルダー付き

| | コメント (0)

2021.07.11

フェリーに乗って東京から九州へ

九州で仕事が入ったのでフェリーで移動した。

 

https://photos.app.goo.gl/FoqHrDVCujpHLbME9

| | コメント (0)

2020.09.25

減塩うめこんぶ茶

Img_20200925_154822

 

普段はコーヒーや紅茶を飲んでいても、それとは全く違うテイストで塩分補給も兼ねて美味しく飲める、減塩うめこんぶ茶を試してみた。従来品に比べて塩分を30パーセントカットしているので、さっぱりとして、飲みやすかった。梅と昆布の香りが絶妙だ。

<a href="https://monipla.jp/bl_rd/iid-6140773945f262447b8284/m-4e5b1abec71a8/k-1/s-0/" rel="nofollow">玉露園ファンコミュニティファンサイト参加中</a><img src="https://mp.charley.jp/bl_img.php?iid=6140773945f262447b8284&m=4e5b1abec71a8&k=1" alt="" border="0" style="border:0px;" width="1" height="1" /><img src="https://track.monipla.jp/mp_track/eff_imp.php?e=2856739684e02c339931c1&m=4e5b1abec71a8&i=6140773945f262447b8284&fk=0&kind=1" alt="" border="0" style="border:0px;" width="1" height="1" />

<a href="http://www.gyokuroen.co.jp/" rel="nofollow"><img src="https://image.edita.jp/mp/image_data/item_img/2856739684e02c339931c1/related_site_img2_6140773945f262447b8284.jpg" alt="玉露園" /></a>

冷温共用タイプなので、冷水でもホットでも作れる。蒸し暑い日で汗をかいたような時にはアイスで、ちょっと肌寒い日はホットでと、その日の気温や状況に合わせて使い分けることができる。

両方試してみたが、どちらも美味しく飲めた。

| | コメント (0)

減塩うめこんぶ茶

Img_20200925_154822

 

普段はコーヒーや紅茶を飲んでいても、それとは全く違うテイストで塩分補給も兼ねて美味しく飲める、減塩うめこんぶ茶を試してみた。従来品に比べて塩分を30パーセントカットしているので、さっぱりとして、飲みやすかった。梅と昆布の香りが絶妙だ。

<a href="https://monipla.jp/bl_rd/iid-6140773945f262447b8284/m-4e5b1abec71a8/k-1/s-0/" rel="nofollow">玉露園ファンコミュニティファンサイト参加中</a><img src="https://mp.charley.jp/bl_img.php?iid=6140773945f262447b8284&m=4e5b1abec71a8&k=1" alt="" border="0" style="border:0px;" width="1" height="1" /><img src="https://track.monipla.jp/mp_track/eff_imp.php?e=2856739684e02c339931c1&m=4e5b1abec71a8&i=6140773945f262447b8284&fk=0&kind=1" alt="" border="0" style="border:0px;" width="1" height="1" />

<a href="http://www.gyokuroen.co.jp/" rel="nofollow"><img src="https://image.edita.jp/mp/image_data/item_img/2856739684e02c339931c1/related_site_img2_6140773945f262447b8284.jpg" alt="玉露園" /></a>

冷温共用タイプなので、冷水でもホットでも作れる。蒸し暑い日で汗をかいたような時にはアイスで、ちょっと肌寒い日はホットでと、その日の気温や状況に合わせて使い分けることができる。

両方試してみたが、どちらも美味しく飲めた。

| | コメント (0)

2020.03.28

中島みゆきの最後の全国ツアーコンサートがコロナウィルスの影響で延期もしくは中止

前回の記事から1年以上経過してしまった

前回の記事は中島みゆきの夜会についての感想だった。

今回の記事は全国ツアーコンサートツアーについてだ。普段からプラチナチケットで抽選で取得するのが非常に困難だけど、今回は「ラスト」と銘打っているわけで、もう最初から諦めモードだった。

世界的なコロナウィルスの影響で、延期もしくは中止になりつつある。まだ、今後の情勢が読めない段階なので、どうなるかは判らない。観客の感染リスクはもちろんだけど、本人やバンドメンバー、ツアースタッフは濃厚接触しているわけで、感染した時のことを考えると中止の決断は正解だと思う。

1952年生まれの中島みゆきの年齢は、現在68歳。体力的にも精神的にも全国コンサートツアーは負担がかなり大きいと思う。コロナウィルスの問題のあるなしに関わらずだ。最近の夜会やコンサートでは声量もパワーも衰えているのを、かなり感じるので、もう無理をしないで欲しいと感じている。

 

 

| | コメント (4)

2019.02.04

ワンパターン化してしまった夜会

中島みゆき『夜会』VOL.20「リトル・トーキョー」2月2日(土)の公演を観てきた。

Img_20190202_181156

これまでの夜会のパターンによくある終盤の「大津波」「雪崩」「火災」「氾濫」などでの死亡フラグ、実は幽霊だったという登場人物の背景で食傷気味。

多くの出演者が歌う=中島みゆき本人の歌が少ない

という公式も一段と際立ってきた。

もう本人もご高齢なので、体力的にもコンサートのように連続でずっと歌うのはキツイだろうし、他の出演者に歌わせて休むというのも無理もないのかもしれないけど、かなり残念だ。声も他の出演者よりだいぶ出てなくて衰えを感じてしまう。

相変わらず、公演前にパンフレットを買って真剣に読まないと、理解できない構成もなんだかという感じ。予習しなくても公演を観ただけで、理解しやすくした方が良いと思う。過去に何回も再演があったのは、「観客が理解しずらい」「言いたいことが伝わってない」ということだったのではないだろうか。今回も同じような印象だった。

まずタイトルの「リトル・トーキョー」というところから、いきなり誤解した。タイトルの印象が、横浜の中華街がリトル・チャイナという感じでのように、各国にある中国人街みたいな第一印象があった。だから、どこか海外の日本人が集まっている街が舞台かと思って見始めた。暖炉が上手にあったので寒いところというのは推測がつく。ロシアとか北欧かと思っていたから舞台が北海道の自然保護区と知るまでの時間差でだいぶ理解の方向性が違ってしまった。そして、そのリトル・トーキョーの看板は単に行方不明になっていた、歌手のお姉さんが戻ってきて歌えるためのステージの名前だったというスケールの小ささに愕然とした。

夜会のための書下ろし曲は、中島みゆきライブ初心者には聞いたことのないメロディーと歌詞のため敷居が高い。既存の誰もが知っている曲が演奏されるとホッとする。今回は『野うさぎのように』が特に良かった。サビのところで耳の形を手で頭の上にかざすポーズが、コンサートでやっていればアクションの定番になっていたかもしれない。

まあ、夜会は現役引退してもおかしくない生の中島みゆきが動いているのを見られるだけでも御の字と考えるのが良いと思う。"Don't think, feel."という言葉がどこかにあったような気がするけど、それが腹が立たないためのキーワードだ。

| | コメント (5)

2018.12.06

バッテリー交換

ボッシュ プレミアム アンバサダーの企画でバッテリーを交換のために、千葉市中央区のボッシュの認定整備工場のアウトハーフェンに行ってきた。 #BOSCH_PAM

気温の低い冬は、バッテリー内の化学変化が起きにくくなってバッテリートラブルが発生しがちなので、この時期の交換が合理的だ。たまたま以前乗っていたハイゼットがエンジン不調で、キャリーに乗り換えるタイミングと重なって、宇都宮まで引き取りに行って、軽自動車検査協会の名義変更に行く直前のタイミングで一度に済ませることができた。

Dsc_0782_00001
ポルシェの隣に入庫した私の軽トラ(2000年式DB52Tキャリー)

Dsc_0781_00001
丁寧に説明しながら作業を進めてくれたメカニック

Resize3508
助手席下のバッテリーにアクセス

Resize3509
バックアップ(電圧保持)を取って各種メモリーが消えないようにしての作業

Resize3506
ボッシュのバッテリーは初体験

Dsc_0800_00001
車両に搭載されたボッシュのバッテリー

Dsc_0826_00001
作業の前後は診断機で、バッテリーの状態だけでなく、オルタネーターまで含めて一通りチェックしてくれた

| | コメント (0)

2018.09.30

グリーンハウスはPC周辺機器だけでなくキッチングッズも生産

今回のイベントに参加する前にはグリーンハウスはパソコン周辺機器のメーカーだと思っていた。

株式会社グリーンハウスコーポレートサイト

Dsc_8874_00001_2
ずらり並ぶ、キッチン関連商品の品ぞろえにびっくりした

Dsc_8888_00001
イベントの様子(イケメンの開発担当の社員さんが説明しながら参加者へビールを注いでくれた)

今回のメインのテーマのビアサーバーの他にも、興味深い製品がたくさんあった。

Dsc_8885_00001_2
ホットサンドメーカーはプレートが取り外せて洗える仕様とのこと

Dsc_8884_00001
定番のホットサンドはもちろん、ワッフルも簡単に作れる(この写真の他にチョコパイも美味しかった)

Dsc_8897_00001
チーズ、ポテト、ハム焼きもオツマミとしてイケる

Dsc_8886_00001
40khzの超音波の振動でクリーミーな泡を作る機械を試す参加者

Dsc_8894_00001
カクテルを作るのにも良いが、長時間グラスに入れて泡立ちの消えたビールも復活する

Dsc_8877_00001
個人的に気に入ったのがビール瓶に装着して、超音波で泡を作る機械

Dsc_8879_00001
クラフトビールの美味しさが倍増する(銘柄の選択にもセンスを感じた)

https://photos.app.goo.gl/AJdzvjzm1D7Ub7KW9
スライドショーで他の写真

モニプラ:グリーンハウスファンサイト参加中

| | コメント (2)

2018.09.20

ビアカクテルサーバー

ビールの苦味が苦手な人でも、サワーとか酎ハイとかは飲める人は多い。ビールとジュースを混ぜてカクテルにすると、それと同じように飲みやすくなる。

モニプラ:グリーンハウスファンサイト参加中

グリーンハウスから発売されているビアカクテルサーバーは二種類の缶をタンクの中に入れて、ブレンドして、超音波で泡を加えて手軽にビアカクテルが作れるようになっている。

Dsc_8554_00001
単三電池2本が電源なのでAC(コンセント)不要でどこでも使える。1.5Vのアルカリ電池ではなく、1.2Vの充電式のニッケル水素電池も使えるのがありがたい

Dsc_8555_00001
今回は北海道のビールと、愛媛のオレンジジュースのコラボ

Dsc_8556_00001_2
本体内部に缶と、あらかじめ冷凍庫で凍らせた保冷剤を投入

Dsc_8558_00001_2
本体の外観

Dsc_8557_00001_2
今回はオレンジビアカクテルと、普通のビールを作ってみた

オレンジビアカクテルはフルーティで飲みやすかった。

普通のビールだけだと、泡がクリーミィでビアホールでのサーバーで注いだようだった

カクテルビールサーバー特集

■国産ビール編■

左右のタンクに同じビール缶を2本入れて単純なビールサーバーとしても使ってみた。

Dsc_8873_00001
非常にきめ細かいクリーミーな泡が出る

Dsc_8872_00001
ビール好きにはたまらない泡

Dsc_8871_00001
本格的な味が楽しめるサーバーマシン

■ドイツビール編■

Dsc_8923_00001
このように背の高いビール瓶の場合には内蔵タンクに納まるコップに移し替えてから注げばOK

Dsc_8922_00001
頂き物のドイツビールなので、最高の状態で飲みたい

Dsc_8924_00001
きめ細かいクリーミーな泡で楽しめる

| | コメント (0)

«ボッシュのエアコンフィルター